2010年05月28日

常歩事始(ことはじめ)

 常歩(二軸動作)の始まりについてお話ししておきましょう。常歩(二軸動作)がどのような経緯で生まれたかを知ることによって理解がさらに深まります。

 常歩(なみあし)は、小田伸午先生(関西大学人間健康学部)・小山田良治氏(五体治療院代表)・木寺英史(九州共立大学スポーツ学部、当HP管理者)の3名が知り合うことによって生まれました。1997年頃から小田先生と小山田氏の二人での情報交換がはじまりました。1999年より、当HP管理者の木寺が情報交換に加わりました。

 小田先生と小山田氏の当初の情報交換はもっぱらFAXで行なわれていました。その後、インターネットが普及し情報交換のツールがメールへと移行していきました。これまで交わしたメールは2万通を超えています。

 全く分野が異なる3人でしたが、共通する課題を持っていました。それは「右と左」です。小田先生の当時の研究課題は「身体運動における右と左」で著書のタイトルにもなっています。小山田氏は豊富な治療経験から「身体の左右はあらゆる面で非対称である」と確信されていたようです。私(木寺)は剣道の技術・動作研究から「右と左」の特性があることを感じていました。

 身体に左右特性があるとすれば、その左右特性を生かした動作法があるはずです。その特性を探ることから動作法を構築していきました。

 その動作法は、小山田氏が開院している「五体治療院」(愛知県小牧市)に通う選手らによって実証されていきました。

 実践と研究の結果、これまで常識と考えられてきた動作に多くの錯覚や誤解が含まれていることが明らかになってきました。そこで、スポーツや武道(武術)の動作をさらに考察し、合理的な動作方法を提唱することにしました。

 当初は二軸動作と名づけましたがのとらえ方がスポーツなどの種目や個人により様々であるため常歩(なみあし)というニックネームでも呼ぶことにしました。

 その後「二軸動作(感覚)」だけではなく「骨盤の前傾」「外旋立ち」に代表される姿勢や「肩甲骨の外放」「股関節の外旋」「膝の抜き」「踵の踏み」「頭部の傾き」などの身体操作、さらには「垂直感覚」「水平感覚」「同側感覚」「屈曲感覚」などの身体感覚を提唱してきました。さらに、これらを習得するためのストレッチやトレーニング法などの開発を続けています。

 これらの常歩(二軸動作)とそのトレーニング方法は、オリンピックメダリストをはじめ多くのトップ選手に伝授されてきました。また、医師や看護師、理学療法士、整体師などの医療関係者にも大きな影響を与えてきました。

 トップアスリートだけでなく、一般の方々の日常生活や高齢者や障がい者の歩行法としても注目されています。

 常歩(二軸動作)の身体操作や感覚を体験すると、元の動きや感覚には戻れなくなるようです。非常に心地よい感覚が出現します。

 このHPとの出会いが、皆さんの常歩事始となることを祈念します。 

一本歯(後歯)下駄
五動 新体操操作術
五動慎体操作術.jpg