2017年10月29日

第65回全日本学生剣道優勝大会

20171029全日本.jpg

 2017年10月29日(日)、全日本学生剣道優勝大会が東京九段下の日本武道館で開催されました。本学(九州共立大学)は初戦で慶応義塾大学に0−3で敗戦しました。

 本学はご承知のとうり、現代の特に若い剣士が用いている「右の剣道」(右荷重から打突に移行する)ではなく「左の剣道」(左荷重から打突に移行する)を習得することを一つの目標としています。

 指導を始めた当初は、競技力を上げることは大きな目的ではなく、部員が将来、さまざまな足さばきの剣道に移行できる基礎を養えればいいと考えていました。

 しかし、左荷重から打突する剣道実践させると、それを習得した剣士たちが競技力も上がることが分かりました。そして、今年男子は3年連続で全日本大会へ出場です。

 高校から本学剣道部に入部して、いち早く「左荷重の剣道」へ移行することを決意する部員から競技力を上がっていきます。なかなか成果が出ない学生は、「右荷重」と「左荷重」の剣道を行ったりきたりします。

 現代剣道が「右荷重」一辺倒になっていることに危惧を感じています。

一本歯(後歯)下駄