2018年10月09日

北アルプス爺ヶ岳に挑戦

爺ヶ岳コース.jpg

爺ヶ岳2.jpg爺ヶ岳3.jpg爺ヶ岳4.jpg爺ヶ岳1.jpg

 爺ヶ岳(北アルプス)に挑戦。8月の富士登山(御殿場コース)以来、山に行く機会はありませんでしたが今回は北アルプスの爺ヶ岳に挑戦しました。立山アルペンルートで有名な扇沢駅近くの柏原新道登山口から種池山荘を経て爺ヶ岳中峰を目指しました。登山口が標高1350M、山荘が1460M、中峰は2669M、標高差約1300Mを登りました。

 時間も体力も消耗し中峰は断念、手前の南峰に登頂しました。台風通過後で天候にも恵まれ、北アルプスの絶景を堪能しました。

 今回も登山家の服部徹氏にご同行していただきました。歩きの話をしながら登りました。今回も服部氏と私の歩きの動画をとりました。前を歩く服部氏の歩きで特徴的なのは。接地がとても丁寧です。私も真似をしてるのですが、まだガツンと接地しています。

 服部氏からは「まだ足幅が広い」とご指摘を受けました。歩幅を狭くすることによって、できるだけ重心の真下に接地することができます。そして、スピードを上げるときは歩幅を変えることなくステップのテンポを速めるのだそうです。

 登山は歩きを研究するには最適です。次回は3月ごろ服部氏にご同行いただき冬山に挑戦する予定です。なみあし身体研究所では「なみあし登山の会」結成しました。現在、私を含めて会員6名。会員随時募集中です。

一本歯(後歯)下駄