2018年12月30日

桃田選手の強さの秘密

 数年前、まだ桃田選手が他競技の方々にはそれほど知られていなかったころ、バドミントン関係者からメールをいただいたことがある。

「とても膝の抜きが上手い選手がいるので動画をみてください」

というようなメールであった。当時拝見した動画も確かに「膝の抜き」が上手かったのだが、それからさらに成長して世界選手権者となった彼の動画をみると、動作学的には「スプリットステップ」に彼の強さの秘密があるように思われる。

 上の動画をご覧いただきたい。対戦相手のステップと比較して、とてもうまく、そして頻繁にスプリットステップを使っていることが分かる。

 対戦相手の選手らもスプリットステップを使っているが、彼らは左右のステップにばらつきがみられる。しかし、桃田選手のスプリットステップは、ほとんど左右の足が同時に着床している。左右が同時に着床することは、360度どの方向にも動作できることの条件である。対戦相手の選手らは左右の着床にばらつきがあるので動ける方向が限定される。

 このプレー中に両足同時着床するスプリットステップは、テニスのフェデラー選手も多用していた技術である。

 桃田選手の益々のご活躍を祈念したい。

一本歯(後歯)下駄