2008年11月01日

腕組みと重心

 「腕組み」の記事に、コメントをいただきました。「腕組み」を変えると、なぜ重心位置が変わるのかというご質問です。

 一番、肝心なことを書いていませんでした(笑)。私たちの体は、上腕に外旋力がかかる(外に回る力がかかる)側に重心が移ってきます。

 このことも確認してみましょう。
jyouwan.jpg

 まず、楽に立って、両手を水平に広げて、手のひらを地面方向に向けてください。 次に、片方の手のひらを上に向けてください。そのときの体の重心位置の変化を感じ取ってください。手のひらを上に向けた側に重心が移動していくのが分かるでしょうか。または、手のひらを上げた方に、多少体が回転するかもしれません。

 このように、上腕の外旋と体の重心位置は密接に関係しています。

 この上腕の内外旋を使った身体操作は、様々な競技で応用されています。

 さて、「腕組み」に戻りましょう。「腕組み」で左右の上腕の外旋状態が変わります。「腕組み」をしたときに上に乗っている方の上腕に「外旋力」がかかります。

 逆だと思う方もいらっしゃるかもしれません。下になっている側が外旋と思われるかもしれません。

 しかし、大事なのは、外旋しているかではなく、外旋力がかかっているかどうかです。多少、個人差はありますが、「腕組み」で上に乗っている側の上腕に外旋力がかかります。

 この「腕組み」でその方の、日ごろの重心傾向が分かります。左重心の傾向がある方は、「左組み」、逆に右重心傾向の方は「右組み」になる傾向があります。

2008年11月01日

レフティー(左打ち)

 常歩(なみあし)の特性は、身体の左右特性を把握することです。

 また、いつものクセで、むずかしい表現になってしまいました。

 体の右半身と左半身は、ちがう特徴を持つということ。ゴルフでは、左打ち(レフティー)は大成しないというのが、通説になっているようです。

 不思議だとは思いませんか?。野球では頻繁に見られる左打ち、ゴルフでは、プロの試合ではめったにみられません。日本のプロで活躍したのは、羽川豊選手しか思い浮かびません。

 なぜでしょうか。

 元々、左用の道具が少なかった、ということも原因の一つかもしれませんが。身体的な原因があるよううに思います。

 羽川選手が、スランプに陥ったときに、日本にはレフティーを教えることができる人がいない、ということを話していたようです。 

2008年11月01日

レフティー(ゴルフ)は左軸

先日のレフティーの記事に反響がありました。

 右打ちと同様な技術で、レフティーの難しさを書きました。しかし、レフティーでも活躍する海外の選手は、前の軸(右軸)ではなく、後の軸(左軸)主導でスイングしているらしいのです。

 浜田プロから送られてきたメールを貼り付けます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 レフティのお話興味あります。

 海外ではミケルソンやマイク・ウィアーのようにレフティで活躍している選手は居ます。私の考えでは、レフティの場合は飛距離は落ちますが方向性においては有利
ではないかと・・・・。

 ミケルソンは別格として、マイク・ウィアーは飛距離こそありませんが、抜群の方向性で何勝もしています。

 レフティは左軸で左サイドを押し込んでいくようにスイングします。トップの位置は右打ちは小さくレフティは大きい。フィニッシュは右打ちは左軸が目標サイドなので上体は比較的真っ直ぐ立ちます。

 レフティは左軸が目標と反対サイドなので上体は少し後傾気味のフィニッシュになります。レフティは左軸と左腕を一体に動かしやすいのでスイングはシンプルになると思います。

 練習で生徒に左素振りをさせていますが、右より癖なく綺麗に振ります。指導者、クラブ、コースレイアウト、競技人口など確かにレフティにはマイナス要素が多いですね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 浜田プロのメールを拝読しながら、野球のバッティング・ピッチングの話を思い出しました。右打者と左打者、右投手と左投手の技術は、全く違うらしいのです。

 左右の特性を生かす・・・・左右軸動作ですね〜〜。

2008年11月01日

剣道も左軸

 剣道の教えの中に、「左が大切」または「左に乗る」ということがあります。左軸の重要性を言ったものだと思います。

 しかし、そのような教えがある反面、剣道では左のかかとを上げて構えることも常識になっています。

 様々なスポーツや武道等のフットワーク・足さばきを調べてみますと、かかとを上げた側(脚)軸にして動くものはありません。必ず、踵を接地させている側を軸として動きます。

 ゴルフのスイングでも出てきましたが、私たちが動くときの主導は左のようです。左を軸にして、左を作用します。

 武道の構えは、ほとんどが右自然体です。剣道の構えも右自然体。左自然体で構えてもルール上はかまいませんが、そのように構える人はいません。

 長い間の経験から、左を軸として右足から出ることが基本とされたのだと思われます。

2008年10月31日

二軸動作でマラソン30分記録短縮

 常歩(なみあし)の活動をしておりますと、色々な方からメールをいただきます。先日、嬉しいメールが届きました。

 地元で一緒に剣道の稽古をしております、20歳代の女性からです。その方は、フルマラソンにも挑戦されています。

 昨年の秋(10月ごろ)、なかなか4時間をきれないというご相談を受けました。二軸動作をすこし伝授しました。

 着地足を外旋位にすることと、股関節の外旋ストレッチを薦めました。

 その後の大会で、すぐに成果があり、3時間45分程度の記録だったと報告を受けました。そして、先日メールが届きました。一部抜粋します。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 先日、マラソン大会に参加してまいりました。先生のご指導のおかげで、上り坂では今までより苦しむことなく、そして人をどんどん追い越すことができました。

 結果は、3時間28分29秒で女子30歳未満の部で2位 (/1469人)に入賞できました。

 夢を一つ叶えさせていただきました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 約半年、いや4ヶ月ほどで、30分以上も自己ベストを短縮したことになります。常歩(なみあし)・二軸動作をお教えしますと、すぐに結果にあらわれる方と、ゆっくりあらわれる方とおられます。

 彼女に、先日お会いしたところ、全く走るときの感覚が変わったそうです。

2008年10月31日

動きの質

 若い頃(今でも若いと思っていますが・・・笑)、動きについて興味を持ったのが、プロ野球のオープン戦を観戦したのが一つのきっかけでした。

 動きを見るのは、テレビでは分からないところがあります。やはり生でみることが勉強になります。プロのプレーを見て感じたのは、ゆっくりみえるということ。

 プロ野球の試合を観戦していると、選手の動きがゆっくり見えます。

 この「ゆっくり見える」というのは、動きが洗練されているあらわれだと思います。言い方をかえると、一生懸命やっているように見えないのです。手抜きをしているように見えます。

 いわゆる、力感や努力感がないのです。

 動きを見るときに、このような見方をすることも一つの方法です。

 いい動きをしている選手は、その選手だけゆっくり動いているように見えることがあります。

 高校生時代に、明治神宮大会(全日本大学野球選手権)の決勝を観戦しました。早稲田大学対法政大学。法政大学が4対0で勝ったと記憶しています。

 そのときの法政の投手が、江川選手でした。江川投手の動きが、ゆっくりみえたことを思い出します。

2008年10月31日

踵文化

 剣豪宮本武蔵が、興味深いことをいっています。

 足さばきについて、「きびすを強く踏むべし」と五輪書(有名な剣術所です)の中で書いています。

 「きびす」とは踵(かかと)のこと。武蔵は、しっかりと踵を接地させて動くことが大事だと説いているらしい。

 現在でも能などの歩法に受けつがれているのですが、この動き方を理解するには、かなり注意が必要です。踵(かかと)の部位が、現在とは違うらしいのです。

 当時の踵は、現在のように足裏のうしろの狭い範囲をさすのではなく、後半分の広い範囲を示していたらしい。つまり、「きびすを強く踏むべし」とは、足裏全体を接地させるとを教えていたと考えられるのです。

 現在いわれている「フラット着地」の感覚や動きに近いかもしれません。

 舞踊などでは、日本は舞の文化、外国(大陸)は踊りの文化だといわれます。日本には、足を地面や床からほとんど離さずに動く「舞」が定着し、大陸には逆に体を宙に浮かせる「踊り」が定着しました。

 これらは、日本人が長らく農耕民族であったことと関係があるといわれていますが、さらには草履(ぞうり)や草鞋(わらじ)などの履物の影響が大きいようです。

 そういえば、オリンピックやサッカーのワールドカップ大会などの国際大会で、応援する観客のようすを観ていて、気づくことがあります。

 自国の選手が得点したときの身体(からだ)の反応が、外国人と日本人では明らかに違います。

 外国人、特に欧米人は、ほとんどの観衆がピョンピョンと何度も跳び上がって喜びを表現します。一方、日本人はどうか。1〜2回は跳び上がるものもいるが、多くは足を地面につけたまま両手をうえに上げたり、近くの人と抱き合ったりしてます。

 踵(かかと)、すなわち足裏をしっかりと接地する日本人の身体特性は、しっかりと受け継がれているようです。

2008年10月31日

見事な二軸走法

2jikuundoukai.jpg

 

 ネットで、見事な二軸走法の画像を見つけました。

 右側を走る少年・・・股関節の外旋といい、体幹の状態といい、理想的な走りです。

 一方、左端の少年は、体幹を捻って走っていますね。

 守屋カイロプラクティック・オフィスのブログからいただきました。

http://mchiro.exblog.jp/7691942/

2008年10月31日

「見る」とは

 私の趣味は、長距離ドライブ・・・・、大坂・京都付近までなら車で行きます。乗ってる車も、セダンではありません。小型のキャンピングカーです。

 知り合いになった長距離トラックの運転手さんと話したときのこと。

 「よく、長距離走って疲れませんね〜〜〜」と私。

 「私たち、見ませんから」と彼。

 「え〜〜〜〜ッ?見ないんですか?」

 「見ませんよ、どこにも焦点は合わせません・・だから全部が見えます」

 彼らは、私たちのように、信号や標識、車や歩行者にいちいち焦点を合わせてみていないらしいのです。焦点をおかずに、前方全てを見るようにするらしいです。

 「武道」や「武術」に伝わる「目の使い方」と同じです。一点を見るのではなく、相手の頭からつま先まで一緒にみます。

 ある有名なバッターが、スランプを脱したときに、「ボールを見ないようにしたらタイミングが戻りました・・・」と語っていたのを思い出しました。

2008年10月31日

「二軸動作」習得にはノルディックウォーク

 walking-on.jpg                          

 「ノルディックウォーク」をご存知ですか。両手にポールを持って歩きます。元々、ノルディックスキーのトレーニングとして生まれた歩行のようです。

 この「ノルディックウォーク」が「二軸動作」習得に効果があるという投稿をいただきました。並川耕士氏からの報告です。

一部抜粋します。

ーーーーーーーーーー
 最近は、新聞などでもノルディックウォークのことが取り上げられたりしていますので、ご存知の方も多いと思いますが、一般的に、クロスカントリースキー(ノルディックスキー)のポール(ストック)を使ったウォーキングを「ノルディックウォーク」と呼ばれています(「ポールウォーク」や「ストックウォーク」と呼ばれることもあります)。

 ノルディックウォークの始まりは、ヨーロッパの北欧においてクロスカントリースキーの選手が夏場に体力維持・強化のためのトレーニングにポール(ストック)を使ったウォーキングを取り入れたことだと言われています。当初は肩までの長さがあるポールを使用していたため、慣れた人にしかできないトレーニングであったようですが、1997年にフィンランドで誰にでも簡単にできるような形のポールを使ったことと、運動効率の高い全身運動であると認められたことから、フィンランド国内に普及し、その後ドイツ、オーストラリアなどに広がりました。

 ノルディックウォークには、その起源であるヨーロッパ・スタイルと、近年、日本の医療現場から有用性が認められてきているジャパニーズ・スタイルの、2つのスタイルがあります。ヨーロッパ・スタイルは、ポールを斜め後方に強く突くアクティブなウォーキングスタイルで、ジャパニーズ・スタイルは、ポールを前方に突く安全なウォーキングスタイルです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 全体の内容は非常に充実しています。特に、私が注目したのは、両手にポールを持つ「ノルディックウォーク」は、遊脚に軸を作ることができるということです。これは、すばらしいです。

是非、並川さんの投稿をお読みください。下記のアドレスからダウンロードしてください。

http://www.namiashi.com/hihoukan/namikawa-nw.pdf

一本歯(後歯)下駄