2017年07月25日

体育坐り

体育坐り.jpg これまで数人の方々から日本の体育授業で採用されている「体育坐り」についてたずねられました。「あの坐り方をさせていいのでしょうか?」というような「体育坐り」について懐疑的な意見が多いようです。少し調べてみますと、この「体育坐り」は昭和40年に作成された『集団行動指導の手びき』がきっかけとなって全国の学校で採用されていったらしいのです。 

 どのような経緯でこの坐り方が採用されたかはわかりませんが、子ども達のカラダにいい影響が及ばないことは想像できます。腰が立ちにくい日本人がこの姿勢をとれば、ますます胸が閉じ骨盤は後傾してしまいます。

 また、ある方から「あの坐り方は元々、奴隷や囚人にとらせた姿勢ですよ」と教えていただきました。古代エジプトのレリーフには異民族の奴隷を「体育坐り」させているものがあるようです。

 子ども達は学校で教わることは「正しい」とイメージします。「気をつけ」と同様にこの姿勢が「正しい」「カラダのよい」などのイメージをもって生活していくことを想像するととても残念です。再考の必要があると思われます。

2017年07月06日

大阪0期生講座終了しました。

インストラクター講座(大阪).JPG

 4月から開始していました「0期生講座」(大阪)が7月1日(土)に終了しました。3回のスクーリングとほぼ週1回のメールにより講座をすすめてきました。当初は、「0期生講座」終了の方々には「基礎セミナー」を開催していただく予定でしたが、受講生の多くはこの2年ほどセミナーに何度も足を運んでいただいた方々でしたので、上達も早く、1級の認定に合格された方々には「2級講座(A)(B)」も教えていただくことにいたしました。

 大阪は北海道・富山・山口など遠方からの受講生も多く、また、整体師、医師、剣道家・パーソナルトレーナーなど多士済々のメンバーでした。先日、東京講座も終了しておりますので、近日中に認定インストラクターによる活動を開始します。これまでセミナーにご参加していただけなかった地域の方々にも「セミナー」「講座」をご体験いただけると思います。

2017年06月21日

ナチュラルウォーキング講座第2弾

oosiro1.jpg

oosiro2.jpg

 3月19日(日)、NPRI(なみあし身体研究所)動作改善普及センター主催の「2級・1級0期生講座」を受講されている金城みどり氏による、ナチュラルウォーキング講座が開講されました。大好評につき第2弾の講座が6月18日(日)に開催されました。

 今回も多くの方々が熱心に受講されたようです。「ランニング経験者」が二軸の走歩行を習得すると、飛躍的に記録が伸びることがあるようです。金城氏も、高校・大学と陸上部に所属。全国高校駅伝にも強豪県(京都)から出場されています。その後、客室乗務員として航空会社に勤務のかたわ、ランニングを重ねる中で、ジョグギングの喜びを知り、 『体を大切にしながら生涯長く走るこ とを楽しむ』をテーマとした「葉山ナ チュラルランニングクラブ」を設立しておられます。今後のご活躍を祈念いたします。

2017年05月26日

東京2級・1級講座(B)開催

20170520東京0期生講座(B)3.jpg20170520東京0期生講座(B)4.jpg

 5月20日(土)、東京で2回目の動作改善普及センター「2級・1級0期生講座(B)」を開催いたしました。東京での受講生は10名。スポーツ選手、トレーナー、医師、ヨガ講師、治療家、剣道家など多士済々のメンバーです。

 今回の講座では「2級講座(A)動作の基礎を学ぼう〜アクセルとブレーキを入れかえる〜」とその教授法。そして基礎セミナーの実技指導方法をレクチャーいたしました。そして、後半は講座認定の実技科目をトレーニングいたしました。

 この講座は私からの話だけでなく、講座生相互の情報交換なども取り入れています。東京の3回目の講座は6月24日(土)です。0期生の皆様、ご熱心なご受講ありがとうございました。


2017年04月11日

ナチュラルウォーキング講座第2弾

knesiro3.jpg

 3月19日(日)、なみあしセミナーに何度も足を運んでいただき、熱心に受講された金城みどり氏(ジョギングインストラクター)によるナチュラルウォーキング講座が開講されました。大好評につき講座(第2弾)が6月18日に開催されます。

 金城氏は高校・大学と陸上部に所属、 全国高校駅伝出場経験あり。その後、客室乗務員として航空会社に勤務のかたわら、ランニングを重ねる中で、スロージョグギングの喜びを知り、 『体を大切にしながら生涯長く走るこ とを楽しむ』をテーマとした「葉山ナ チュラルランニングクラブ」を設立。詳細は上の画像をクリックしてください。

 (受け付けは5月1日より)

2017年03月31日

ワン・シングは何か?

ワン・シング.jpg なみあし身体研究所を運営するようになって、スポーツ・動作以外にも他分野の著書に目を通すようになった。効率的な仕事の方法や思考法などの自己啓発本も多い。そして、翻訳された著書の中に興味を惹かれるものが多い。

 その中で、仕事だけではなく私自身の動作習得や指導にも大きな影響を与えてくた著書が「ワン・シング」である。

 要約すれば、「集中すべき一つのことは何かを自分自身に質問していくことによって効率をあげることができる」と書いてある。

 その根拠となっているのが著書の中で紹介されている「パレートの法則」である。「80対20の法則」としても有名だ。これは、「成果(仕事など)の80パーセントは全体の20パーセントの作業によって生み出されている」というもの。

 すこし平たい表現をすると「少数のインプット(努力)が大部分の成果を生み出している」「求めるものの大部分は、行為のごく一部によってもたらされる」ということ。

 この法則を知ってから「ワン・シング」を常に意識するようになった。動作習得でも「最も効果が上がる一つのことは何か」を考えるようになった。指導においても「その選手に与えるべき一つのアドバイスは何か」を問うようになった。

 クラブの指導も「80パーセントの成果を上げる20パーセントの稽古は何か」を考えるようになった。このように見方を変えることで稽古量を大幅に削減することが可能となった。

 そして、その効果は絶大だった。是非、おすすめしたい一冊である。

2017年03月22日

平成28年度、卒業式・卒部式

2017卒業式2.jpg2017卒業式1.jpg

 3月21日(火)は平成28年度九州共立大学学位授与式(卒業式)が挙行されました。木寺ゼミからは19名の卒業生が、剣道部からは14名の卒業生が巣立ちました。

 剣道部の卒部式では、「努力をするのはやめよう・・」と話しました。動作もそうですが人生も力感や努力感・頑張り感はなくしたいと思っています。普通は努力が大切・・といいますが、私は努力を感じないくらい好きなことを見つけようと言います。

 楽之真也。努力や苦労ではなく、真の楽しさを感じて人生を送ってください。

 君たちのおかげで楽しい4年間でした・・・さらば。

2017年03月22日

ナチュラルウォーキング講座

kanesiro1.jpgkanesiro2.jpg

 3月19日(日)、なみあしセミナーに何度も足を運んでいただいた、金城みどり氏によるナチュラルウォーキング講座が開講されました。私(木寺)はお伺いできませんでしたが、なみあしセミナー受講者からの参加もあったようです。

 ウォーキングはあらゆる動作改善の基本です。以前、歩き方に特化したセミナーを開催させていただいたときに「歩き方を変えれば人生が変わる」いうタイトルにしました。これは大仰ではないと思います。

 徐々に、なみあし歩行も浸透しつつあるようです。ますます、金城氏の講座が発展することをお祈りいたします。

2017年02月27日

大阪初級・基礎セミナー(2月18日)

20170218大阪1.jpg20170218大阪.jpg

 2月18日(土)、大阪で基礎セミナー・初級セミナーを開催しました。

 基礎セミナーは知識・実技とも「なみあし」の基礎となる要素を厳選しています。初級セミナーは、今回は「動作」に重点をおいて座学と実技を行いました。「なみあし」の身体操作は「股関節の外旋」や「膝の抜き」・「肩甲骨の外放」など多くありますが、それらはすべては関連しあっており、一言でいうと「外力」をいかに効率よく利用するかということ集約されそうです。

 初級セミナーの内容は4月からは講座に入れるように計画しております。

2017年02月02日

卒業研究発表会

2017卒研発表会1.JPG

2017卒研発表会.JPG

 九州共立大学スポーツ学部卒業研究発表会。今年の木寺ゼミの4年生は18名。共同研究がありますので計11演題が発表されました。テーマは次のとうり。

投擲競技の日本と世界ー世界記録と日本記録の差異に着目してー
走り幅跳びの空中動作および歴史について
柔道選手の減量時における食事・栄養管理について
男子西日本学生レスリング選手と男子レスリング選手(メダリスト)の体力的要素に関する検討
「剣道」の稽古法についての研究〜年代・性別での稽古の違い〜
団体戦(剣道)の各ポジションに関する研究
剣道の打突動作と歩き方について
武士道精神が現代に与える影響
剣道の武道とスポーツの特性につての研究
剣道の職域に関する研究
学校教育における武道の役割についてー暴力的指導の側面からー

 各自(グループ)、2年間の研究の成果を発表しました。剣道部のゼミ生は9名、昨年・一昨年と全日本大会に出場を果たした主力剣士らですが、剣道に関する研究にも熱心に取り組みました。

 発表で浮き彫りになったのは剣道の特性をどう伝えていくか、という課題です。武道であると言いながらスポーツの様態としても存在する剣道。9名のうち6名は教職の道へ、2名は警察官となります。

 武道の特性を踏まえて指導するのが理想ですが、現場にでると競技で勝つことを求められます。多くの剣道指導者はその狭間で苦悩しているのかもしれません。

 しかし、私は武道の特性を十分伝えながら、なお競技でも勝てる剣道があると信じています。11演題、とてもよい発表でした。それぞれの個性が光りました。ゼミ生諸君に感謝します。

一本歯(後歯)下駄