2009年06月26日

650キロ走破(09.06.26)

P03.jpg 15時30分奈良発、愛車(レグビー・ファイブスターキャラバン)で福岡へ。第二阪奈からいつもは近畿道に入るのだが、今日は大阪環状から神戸を抜けて山陽道へ入る予定だった。しかし、途中で間違えたらしく池田で一P01.jpg般道へ出てしまった、その後再び中国高速道へ・・・・・笑。

17時ごろ、突然の睡魔、サービスエリアで30分ほど仮眠。その後日の入りを見ながら一路西へ、途中山口県の下松で給油、さらに壇ノ浦サービスエリアで時間調整。福岡のインターを翌日0時10分に通過、土曜日にかかるのでこれで1000円です。

長距離ドライブが趣味とはいえ、9時間650キロはかなりハードでした。

2009年06月25日

走るポーズをとる(09.06.25)

P1000336.jpg 夕方の会議が終わって剣道場へ。1年生が3人着替えないでいます。

「今日の稽古はどうした〜〜〜〜?」

「中止です・・・」

「???・・・・・まあいいや、そこに3人並んで横向いてみろ・・・走ってるポーズをしてみろ」

 このように言いますと、8割以上の人が写真のようなポーズをとります。

 この感覚が「同側感覚」、実際に走るときにはこのように同側の手足が前にでていません。 

 人のからだの感覚は不思議です。

  

2009年06月24日

大和民俗公園へ(09.06.23)

 夕方、大和民俗公園を常歩で歩行。時間があるときは歩きます。公園の中には、奈良県立民俗博物館があります。

090622301.jpg

 学校を出て公園を一周歩くと1時間くらい、ちょうどい090622304.jpgい距離です。

 学校の体育館に着きますと、他の先生がトランポリンの授業中。高専でトランポリンの授業をしているところは、たぶん他にないと思います。それにしても、奈良高専は体育の用具がふんだんに確保されている。久留米高専は本当にありませんでした。バレーボール授業でボールが3個とか・・・・笑。笑い事ではない・・、先日、今年度の予算を見て驚きました。

 体育の教育関係費は久留米の5倍くらいあるんですよ。同じ高専なのどうなっているんでしょうか。 素朴な疑問・・・。

2009年06月22日

LUMIX TZ7(09.06.22)

model_img.jpg  デジタルカメラ(LUMIX TZ7)を購入。

 これまで使っているデジカメもLUMIXなんですが、もう5年近く使っています。思い切って新しいLUMIXを購入しました。

 このTZ7は、静止画も動画も12倍ズームです。他にも動画が撮れるデジカメはあるのですが、これまで使用していた後継機種にしました。とても使いやすい。

 動画が撮れることが条件でした。7月からはじめるネット内講座では、フラッシュファイル(動画)をアップできるんです。MPEGで撮影できるLUMIXを選びました。

  静止画・動画、そして1秒間に10コマの連写機能もあります。

2009年06月21日

動作指導(09.06.21)

 午前中、あるプロ選手がおいでになりました。ご自分の競技に二軸を取り入れたいとのこと。HPや本を読んだり、また歩きの動画をみてもわからなかったそうです。

 場所がないので、わざわざ高専(奈良高専)へきていただいて、約3時間ほど動きをつくりました。

 午後は、昨日に続きインターハイ陸上競技近畿地区予選会を観戦。びわこスポーツ成蹊大学陸上競技部監督の志賀先生と合流、夕刻から食事。陸上やスポーツと情報戦略などについて語りました。

 

2009年06月20日

インターハイ陸上近畿地区予選会(09.06.20)

09062002.jpg 奈良市(鴻ノ池陸上競技場)で開催されている「インターハイ陸上競技近畿地区予選会」を午後1時ごろから3時間ほど観戦。

 ちょうど5000メートル競歩決勝が行われていました。5000メートル競歩といえば、先日同じ5000メートルで日本新記録を樹立した杉本明洋選手を思い出しました。

 高校生は杉本選手が大学一年生までのような歩きです。着地足で押し出している。着地足で押すのではなく、着地足に乗るんだけど・・・。難しいというより、そのようなイメージがないのかも、その感覚(イメージ)をつくれば動きは変わる・・・、そんなことを考えながらみていました。

 また、全体的になぜ陸上選手(特に女子)は、腕を内側に振り込むのでしょう。「腕は前後に振れ〜〜〜〜」といいますが、前後に振ろうとすれば必ず腕は内側に振られます。

 体側から外に振るイメージ??・・・・それとも、腕は振るのではなく、振られるのか?。

2009年06月20日

現場に活かすスポーツ実践論(特別講演会)(09.06.19)

大教1.jpg 今日は大阪教育大学で「現場に活かすスポーツ実践論」ということで講演をさせていただきました。

 約200人の学生の皆さんに話しました。

 書くのは苦にならないのですが、かなり慣れたとはいえ話すのは難しい。今日のテーマは「スポーツ・武道(武術)と身体」。 

 

 講演が終わってから、4〜5人の学生の皆さんと1時間ほど即席の講習会。その後、女子バレー部の練習を拝見させていただきました。  

 とても熱心に聴いていただきました。ありがとうございました。 

2009年06月18日

「運動科学」潜入・・・・失敗か〜〜(09.06.18)

 昨日は、京都大学で常歩会。 

 今回は、京大人気講義で有名な小田先生の「運動科学」に、小山田・木寺以外のメンバーは、極秘潜入の予定でした。

 午前11時すぎに京大に到着、小田先生の研究室に伺いましたら、「今日は二人じゃないだろ〜〜〜〜」って・・・・・・・、研究室から駐車場に集まるメンバーを見られたようです。(初歩的なミス・・・・笑)

 今回も12人の参加がありました。運動科学2.jpg運動科学01.jpg

 常歩会には毎回、プロの選手が参集してくれます。

 小田先生とともに授業をしている?のは、競輪の 中澤央治選手、楽しそうです。授業のテーマは「膝の抜き」、とても興味深い内容でした。

 授業後は、小田先生の研究室で雑談。そして、いよいよ午後7時ごろから懇親会。 運動科学3.jpg運動科学4.jpg

 左の写真は、競輪の渡邊大助選手とサッカーの吉田康弘選手、右はゴッドハンド(本人はペーパーハンドと・・・・)こと小山田さんと、競輪の古原勝己選手

 競輪選手をみて思うこと、プロ選手でも全くタイプが違うこと。筋力でのる選手もいれば、動きでのる選手も・・・・・・。

 正しい姿勢もない、正しい歩き方などない、そして正しい動き方などない・・・。

運動科学5.jpg

 懇親会では、プロ選手のさまざまなお話が聞けるのでとても楽しい。そして、当然動きの話も・・・・。異なる分野の方々が話し合うことで、新しい発想が生まれてきます。これこそ、常歩の真骨頂・・・。

 かなり飲んで、時計を見るともう0時過ぎ・・・。

 昨日は、京都の「平安の森」に一泊、今朝6時起床、車で直接奈良高専に向かいました。(あっと、小さな写真は福山雅治さんではありません・・・ゴルフの浜田プロ

2009年06月13日

薬師寺へ(09.06.13)

薬師寺1.jpg 今日は土曜日、昼ごろから歩いて薬師寺へ・・・・薬師寺は通勤途中にあり毎日東塔を見ながら車を走らせていたのですが、今日は歩いて向かいました。

 南門から入り中門を抜けて、右に東塔(写真)、左に西塔を見ながら、金堂から大講堂へ、どうしても仏像に目が行ってしまいます。昔の建築物が好きだという人は多いようですが、私はそれぞれの仏像を周囲から観察。photo_jyudaidesi.jpg

 仏像といってもそれぞれに身体の特徴があり興味深い。昔の人の姿勢などを語るときに、仏像を参考にする人もいるのだが、仏像は「悟りを開いた姿」だからな〜〜〜?。

 姿勢に薬師寺2.jpgとらわれてもいけないと感じました。「正しい歩き方がない」ように「正しい姿勢もない」・・。

 大講堂を抜けると、蓮の花が咲いていました。午前中に咲くらしく、もう少し早ければもっと見ることができたかも・・・。

 薬師寺を出て、西ノ京駅(近鉄)から近鉄郡山駅へ、そこから20分ほど歩いて高専へ。目的?・・・車をとりにきたのです。(笑) 

2009年06月12日

カメルーンからの留学生(09・06・12)

カメルーン留学生.jpg 夕方(7・8時限目)にグラウンドで授業をしておりましたら、カメルーンからの留学生に遭遇。

しばし話をしました。

 昨年度は東京の日本語学校で勉強しただけあって、流暢な日本語を話します。お見事。

 話の内容はやはりスポーツの話へ・・・。

 授業のソフトボールを見ながら、野球の話を聞きました。

 彼は、奈良高専に来るまで野球(ソフトボール)をしたことがなかったそうです。カメルーンでは野球はない・・・とのこと。 留学生1.jpg

 人気のスポーツは、やはりサッカー。

 私が九州から来た、といいますと、即座に2002年の日韓共催ワールドカップで母国カメルーンが滞在したのが九州のはずだと・・・・・・・。(確か、大分県の中津江村でした)

 現在は、その滞在を記念して「カメルーン杯中津江村ジュニアサッカーフェスティバル」という大会が毎年開かれているようです。

 先日、彼のクラスの授業中、おい、ちょっと腰をさわらせろ〜〜〜。 

 彼はけげんな顔・・・・。(笑)

 見事な前傾・・・・・・、ついでに写真とらせろ〜〜〜〜〜。

 というわけで、体育館の脇で写真撮影。

 そこに普通に立って・・・・こんな立ち方、日本の学生は誰もできません。日本語と同様、たち方もお見事。

一本歯(後歯)下駄