2015年06月01日

2015.剣道世界選手権大会に思う

spo1505310064-p2.jpgspo1505310064-p4.jpg

 (写真は産経ニュースよりhttp://www.sankei.com/sports/news/150531/spo1505310064-n1.html

 剣道の第16回世界選手権最終日は31日、東京・日本武道館で52カ国・地域が参加して男子団体戦が行われ、決勝で日本が2−1で韓国に競り勝ち3連覇。

 日本は準々決勝でブラジル、準決勝でハンガリーを5−0で下し危なげなく決勝へ。決勝は大方の予想通り韓国との対戦。昨年の全日本選手権を最年少で制した竹ノ内佑也(筑波大)が先鋒を務め面で1本を奪って先行、次鋒は敗れた後、中堅の正代正博(警視庁)が小手を2本決めて勝ち越し。その後、副将と大将が引き分けた。

 今回の全日本チームは力が落ちているという下馬評もあった。しかし、韓国チームとの地力の差は明らかだった。前回以上に差があったように思う。

 しかしながら、私たちが思案しなければならないのは、これだけの地力に差がありながら僅差の優勝ということなのだ。言いかえると、競技としての剣道は実力が明らかに上位でも勝利を得るとは限らないということ。私を含めて日本の剣道関係者がオリンピックへの参加に消極的であることに象徴されるように、競技化には反対している。しかし、競技化は年々進んでいるように感じられる。競技として一線を画して剣道を発展させることは可能なのか。

 大将の内村選手、明らかに相手の間合いと技を見事に見切っていた。世界選手権の優勝かかかっているとすれば、昨日の試合以外に戦法はないであろう。もっと、堂々と戦え・・というのは酷である。最高の試合だ。

 私たちは、若い剣士や少年剣士が、さらに剣道の伝統を受け継げるような方策を練る必要がある。もっと、正々堂々と、そして地力が評価されるルールを皆で知恵を出し合ってつくる必要があるのではないか。剣道は競技ではないというのは簡単だが、今のルールで勝利を絶対条件として送り出される日本選手の心中を思うと涙がでる。

 若い剣士たちが国を背負って堂々と戦える競技としての剣道をつくる必要なないのか。そろそろ、競技としての剣道と真摯に向き合う時期にきていると思うのは私だけだろうか・・。

2015年05月12日

左荷重の成果か??

中島1.jpg 5月9日(土)に開催された「第48回全九州女子学生剣道選手権大会」において、本学剣道部、中島美慶選手がベスト8入りを果たし敢闘賞を獲得。6月27日(土)に大阪で開催されます全日本女子学生選手権大会に出場します。

 昨年度から「しない」の振り上げ直前と振り上げ時に「左荷重」になるように指導してきました。言い換えると、上肢と下肢の協調ですが、中島選手は入学時から上下肢の協調ができていました。さらに、「左荷重」の稽古で右足の離れが早くなったようです。右足の離れとは、右足が動くタイミングが早くなるようです。

 ただ、今の大学生は典型的な「現代的歩行」をしていますので、さらに効果を出すためには、やはり「歩き方」を変える必要があるかもしれません。

 また、先日の大会で間合いについて気づいたことがあります。一足一刀の間合いよりかなり近い間合いに、相手が打突できない間合いがあるように思えてきました。若い世代で試合で成果を上げている剣士は無意識のうちに、その間合いを知っているのではないかと思います。

2015年03月31日

毎日新聞広告「健康で長生きしたけりゃ、膝を伸ばさず歩きなさい」

unnamed.jpg 拙書(新刊)「健康で長生きしたけりゃ、膝は伸ばさず歩きなさい」(東邦出版、税込1,512円)が昨日(3月30日)の毎日新聞に大きく広告をだしていただきました。

 「刺激的なタイトルですね〜〜」「ウォーキング界に喧嘩をうるようなタイトルですね」・・・などなど、タイトルについての反応が多かったのですが、膝を上手く曲げて歩く(動作)することは、合理的な歩行(からだにやさしい歩行)を身につけるためにはとても大事なことです。

 現代人は、専門家も含めて、その歩きを知りません。

 このタイトルに関しては共同研究者である小山田良治氏ともメールを交わしたのですが、膝を前方に送り出すことに関しては研究所として絶対の自信がある・・・という結論に・・・。

 この理論構築もすでに終わっています。着地脚の膝を伸ばすことが正しいという傾向にあった歩行動作の基本が覆ると思います。

 ただ、私がこの10年間、一環として言い続けてきたことは、

「正しい歩き方などない」

ということなんです。歩行は移動手段。レンタカーを借りるときにはその目的によって車種を変えますよね。荷物を運ぶときにはトラックや軽トラを、家族で旅行をするときにはワンボックス・・・というように。歩きも同様なんです。

 目的によって歩き方は違うのです。膝を伸ばす歩き方が間違っているのではありません。用途によって歩き方を変えることが大事。その中の一つが、「膝を伸ばさず歩く」という歩き方なのです。

 歩きの技術を学べば、人生がもっと楽しくなると確信しています。

2015年03月20日

卒業式・卒部式

卒業式.jpg

 本日20日は九州共立大学の卒業式。卒業式後の学部学位授与式終了後にゼミで写真撮影。

 彼らは2年生から接しているので感激もひとしおです。入学前の3月に東日本大震災があり、得体のしれない不安感をいだいたままの大学生活開始だったのかもしれません。

 よく、卒業して社会にでると、「学生の時のように甘くはない」「荒波が待っている・・」などといわれますが、そんなことはありません。どこに行っても自分自身が誠意を尽くせば、まわりは誠意をもって接してくれます。助けてくれる人が必ず現れます。心配しないで堂々と、自分の与えられた環境を楽しんでください。
卒部式1.jpg 学位授与式の後は、剣道部の卒部式、私が剣道部をあずかって3年ですので、彼ら卒業生は途中で指導者が変わりました。戸惑うことも多かったと思います。社会人になると稽古ができない期間が必ずあります。しかし、その時でも剣道具を竹刀の手入れだけは怠らず、いつでも稽古ができるように・・・と話しました。そして、いつでも道場に戻ってきてください。

 剣道を通じて多くの仲間をつくってください。そして、有意義な人生を送ってください。皆さんの健康とご多幸を祈念しています。

2015年02月17日

Important Things to Know About Your Body as a Bowler

ボウリングディスマンス.jpg  ボウリングプロコーチの有元勝氏とともに米国の「ボウリングディスマンス」に投稿しておりました記事「Important Things to Know About Your Body as a Bowler」が掲載されました。

 私がボウリング動作に興味を持ちはじめたのが3年前。その後、有元コーチと知り合いボウリング動作について身体動作の観点から研究を進めることとなりました。

 まだまだ、拙い実践と研究ではありますが、このような形で米国の雑誌に紹介していただいたことを心よりうれしく思います。有元コーチはじめ翻訳していただきました田中純恵氏、記事を取り上げていただいた「ボウリングディスマンス」の発行人兼編集長のビル氏、そしてボウリング関係者の方々に深く感謝いたします。今後も浅学ではありますが、身体動作に関する研究をつづけ、皆様のお役に立てれば幸いです。

 

 

2015年02月12日

ボウリング談義

S__1548468.jpg 2月10日(火)・11日(水)は下関に連泊。ボウリングの有元コーチのセミナーに同席させていただきました。

 10日(火)の夕刻からは、有元コーチ・榎田勝志氏(LTB代表取締役社長、日本プロボウリング協会のアドバイザー、インストラクター部会委員)・日坂義人氏(ヒサカショップ代表、ドリラーの第一人者)・本田博照プロ本間なるみプロ・高屋由起子氏と会食。ボウリング談義を交わしました。

20140212.jpg 翌11日(水)は、急遽ボウリング動作に必要なトレーニングやストレッチの講習会をさせていただきました。最近、分かってきたことは、ボウリングのステップには順回転歩行が有効であるということ・・。

 5歩助走の2歩目でボールの重さを支えられないボウラーは、順回転歩行をマスターすると比較的容易に2歩目でボールを支えるタイミングを習得できる傾向のあるようです。

 有意義な出会いがあり、充実した二日間でした。皆さま、ありがとうございました。

2015年01月31日

五体治療院へ

白井選手.jpg 今日は午前7時に神田の宿をでて新幹線で名古屋へ。目的は久しぶりに五体治療院(小山田良治代表)を訪れること。身体動作に関しては関西大学の小田伸午先生と小山田良治氏に教えていただき、これまでやってきました。

 今回も小山田氏に様々なヒントをいただきました。また、行くたびに新しいトレーニング方法を開発されていてプロ選手に治療だけでなく動作指導もされています。

 写真は、競輪の白井美早子選手(大阪・102期)。左重心のトレーニングに熱心に取り組んでおられました。

 有意義な時間を過ごすことができました。ありがとうございました。バックに見えるのは、治療院に通う選手が以前獲得した競輪グランプリの賞金・・・・・・・・・。

2015年01月30日

稲吉優流(いなよし・まさる)氏と・・・

inyosisakumari.jpg 今日(30日)は新刊「命知らずで長生きしたきゃロコモ歩きに変えなさい」(仮題)の写真撮影。午後1時から新宿区の東邦出版社で撮影の後、柔芯体メソッドの創始者でご本人はプロダンサーそして武道家でもある稲吉優流氏とお会いしました。以前から、是非お会いしたいと思っていた方です。

 お会いした瞬間から、すでに何度もお会いしているような不思議な感覚。そして、カラダや動きについての話は尽きることがありませんでした。

 スポーツなどで優秀な選手は体幹を固めているように見えることがあります。しかし、その「かたさ」とは体幹の筋群をかためているのではなく、体幹が十分に柔らかさを発揮したときにかたく見えるのだと思われます。稲吉氏も同様にお話をされていました。ボウリングの櫻井眞理子プロも同席されて有意義な時間になりました。

 稲吉氏とは今後活動をコラボすることが多くなりそうです。

2015年01月29日

日本剣道形と常歩

剣道形.jpg 昇段審査を前に学生に形の指導。審査前に付け焼刃的に指導しなければならないのは剣道の指導者としては失格なのかもしれません。剣道と形は車の両輪といわれるが、実際はそうなっていないのが実情です。

 日本剣道形に現われるような「足はこび」は剣道の現代的打突法では難しいと考えられます。その原因は、右荷重が基礎となっているために「踏みこみ足」以外の足運びになりにくいからです。

 10年ほど前に「常歩剣道」を習得する期間、毎日のように形を「一人稽古」していました。形にあらわれる「足はこび」は、常歩を習得することのよって実践でも生かすことができるようになります。そして、なぜそのような足運びになるのかが明確にわかるようになってきます。例えば、小太刀の仕太刀、2本目は右足から、3本目は左足から元にもどるのですが、なぜそうなるかは常歩の原理で形を行うとすぐにわかります。

 日本剣道形の習得には常歩の原理が不可欠です。

2015年01月24日

卒業研究発表会

2014卒業研究発表.jpg

 本日は本学スポーツ学部の卒業研究発表会でした。まずは、開会式で照屋学部長のご挨拶。その後は、10会場に分かれての発表。木寺ゼミからは12の演題が発表されました。

「ハンマー投げの技術史」    阿部哲太       
「たばこが身体に及ぼす影響」    光延 輝       
「オリンピックの歴史に関する研究 -その経済効果に着目して- 」   柳迫 大樹      
「テニスにおけるフォアハンドの技術の変遷」    在永 昇洋        
「テニスの歴史について」    伊東直哉       
「プロサッカークラブの地域密着型の重要性について〜松本山雅の誕生から現在の歩み〜」    森野健太       
「スポーツ現場における体罰的指導について」    熊本哲也    森 一貴    
「バレーボールの歴史」    坂元愛美    志垣祐衣    四本芹那
「スポーツと武道の競技価値観について」    田上 耕平      
「日常生活において効率がよく負担が少ない姿勢・動作」    水野瑛仁    田中航   
「護身術についての考察」    若師 竜之介        
「ハンマー投げにおける回転方向の考察」    倉田直人

卒研発表・水野・田中.JPG 上の写真は水野・田中両君による「日常生活において効率がよく負担が少ない姿勢・動作」の発表です。さまざまな日常生活の動作等を文献で調査し厳選して論文にしていました。興味深い発表でした。発表会には2年生・3年生も参加。来年・再来年に向けてスタートしてください。

一本歯(後歯)下駄