常歩(なみあし)で世界にはばたけ!

CIMG8682(1).JPG

 常歩(なみあし)という言葉をご存知でしょうか。常歩(なみあし)とはもともと馬の歩き方のひとつです。二軸動作ともよばれています。

 私たちは、動作原理の研究から「合理的でカラダにやさしい動作法・歩行法」を発見しました。

 これまで多くのアスリート等に、その動作法を伝授してきました。その中には、オリンピックメダリスト世界大会出場者も・・・・。

 あなたがもし、もっと楽に動ける方法を身につけていたとしたら?。ほとんどケガをしない動き方ができたとしたら?フルマラソンの自己記録を30分縮めることができたとしたら?

 そして、もしあなたが、世界のトップアスリートしか知らない動作法を習得できたとしたら・・・・・・・・!

 本研究所ではメールマガジン「常歩無限〜驚異のスポーツ上達法〜」を発行しております。パフォーマンス向上のための動き方歩き方のヒントが満載です。新規読者には「錯覚のスポーツ身体学(簡易版)」をもれなく差し上げます。

 また、「常歩(なみあし)」やその基礎となる「左荷重」で行う剣道に関する情報を提供するメールマガジン「剣道常歩(なみあし)流」も発行しております。

 メルマガのご登録は右サイドバーよりお申込みいただけます。

会員募集

 なみあし(常歩)会員募集

会員にご登録いただくとすばらしい特典が。

 

各種セミナー

 なみあし身体研究所では、基礎セミナー初級セミナー特別セミナー専科セミナーをに開催しております。

 基礎セミナーなみあしへの導入編です。なみあしの基礎的な知識と動作を学べます。

 初級セミナーは、身体動作(A)身体開発(B)走歩行動作(C)の3セミナーに分かれています。なみあし原理の基本を分解し学ぶことができます。

 特別セミナーは、基礎セミナー・初級セミナーでは取り扱えない内容や特別講師を招聘してのセミナーです。

専科セミナーは、ランニング・ウォーキング・ゴルフ・剣道・・・・など専門領域(種目)に特化したセミナーです。


トップアスリートに伝授した 怪我をしない体と心の使いかた

mb75301m.jpg 久しぶりに「なみあし」関連の著書が発刊されました。『怪我をしない体と心の使い方』(小田伸午、小山田良治、本屋敷俊介、創元社。

 近年、研究所で考察してきました肩甲骨の内容も書かれています。腕が動くときに、肩甲骨が動けば動くほどいいと理解されている方が多いと思います。しかし、昔から日本の武術等では肩甲骨を適正位置に収めることによって合理的な肩の動きが発現する・・という教えがありました。

 小田伸午先生(関西大学)、小山田良治氏(五体治療院代表)、前オリックスコンディショニングコーチで現在は阪神タイガース一軍トレーナーの本屋敷さんの共著です。机上の理論ではなく、選手らに接して得られた知見がちりばめられています。

 また、五体治療院で小山田氏直伝のトレーニング術を学ぶ競輪の山内卓也選手・浅井康太選手の座談会の内容も収録されています。こちらも必読です。

 

最 新 記 事
2016年12月08日

基礎セミナー

なみあしセミナーにはじめて参加される方、また、基礎をもう一度学びたい、確認したいという方は、基礎セミナーをご受講ください。基礎セミナーは、これまでの初級セミナーの内容をさらに厳選して構成いたしました。

なみあしのトレーニングは大きく「身体操作法」・「ストレッチ」・「歩行動作(歩き方)」の3つに分けられます。それぞれの項目から、最初に理解し取りくんでいただきたい内容を厳選しました。

基礎セミナーで学べること。    

  • 中心軸と二軸 ・・・・ 中心軸や二軸は実際にある軸ではありません。仮想軸です。カラダのあるところに軸があると仮想することによって合理的な身体操作が生まれます。
  • ナンバと同側動作 ・・・・ なみあしはナンバですね、とよく尋ねられます。一般的な「右足が出るときに右手が出る」というナンバの原理は合理的身体操作には結びつきません。ぜひ、ナンバに代わる同側動作を学んでください。
  • 骨盤の角度 ・・・・ 日本人は骨盤が後傾しやすいといわれています。では、どのように骨盤を保てばいいのでしょうか。簡単にできる方法を伝授いたします。
  • 股関節と上腕の外旋 ・・・・ なみあしの基本は、股関節と上腕の外旋です。それらの外旋状態は、日々のトレーニング(ストレッチ)によって生み出されます。座学で知識を学んだあとは、なみあしの外旋ストレッチに挑戦してみてください。
  • 肩甲骨の適正位置 ・・・・ 近年では肩甲骨がよく動くことがいいとされてきました。しかし、肩甲骨が動きすぎると腕をうまく操作できません。肩甲骨を適正位置におさめる方法とは?。
  • 膝の抜き ・・・・ 合理的身体操作に欠かせない膝の抜き。最初はなかなか上手くいかないものです。膝の抜きで様々なことができるようになります。その基礎的なトレーニング方法をお教えします。
  •  身体の左右 ・・・・ カラダの左右にはそれぞれ異なる機能があることをご存知でしょうか。なみあしはその機能を最大限に有効につかいます。カラダの原則的な左右特性がわかります。

 なみあしの身体操作は、前近代日本の伝承的身体運動の研究と実践から生み出されました。現代的動作法を学んできた方々は全く異なる動きに感られます。

 しかし、この身体操作法は難しくありません。そして、多くの実践者が即効性があると断言しています。

 例えば、市民ランナーの方々からはフルマラソンの記録が30分〜40分短縮されたというご報告を受けることは珍しくありません。

 なみあしの基礎を身につけるには2〜3か月もあれば十分です。なぜなら、なみあし(常歩)は、私たちが持つ自然な動作法であるからです。なみあしの基礎を身につけて飛躍しましょう。


基礎セミナー構成内容

 第1部 講義「錯覚のスポーツ身体学」(50分)
 第2部 実技「身体操作の基礎を学ぼう」 (90分)

講 師 木寺英史


基礎セミナー日程

 

 

  ※各基礎セミナー後は、初級セミナーも開催します。

2016年12月06日

モデル歩きは「なみあし」なのか??

 先日、ミスユニバース日本代表にも選出され、ジバンシィのオートクチュールの専属イメージモデルとしても活躍、パリコレのプレタポルテ部門やミラノコレクション(プレタポルテ)などヨーロッパでご活躍されたモデルの方と歩調を合わせる機会がありました。

 その時に、彼女と私の上下肢の振られるタイミングが全く同じだったのです。つまり、一般の歩きより上肢が遅れて前方に振りだされるのです。

 また、リオオリンピックの開会式でスーパーモデルのジゼルが歩いた動画を教えていただきました。やはり、同様のタイミングなのです。そして、基本は腰と肩がローリングしないこと。

 なみあしの歩きはモデル歩きと共通点が多いことがわかりました。

2016年11月28日

大阪初級セミナー(11月26日)終了しました。

S__25124866.jpgS__25124872.jpg

 11月26日(土)、大阪初級セミナーを開催いたしました。9月から名古屋・東京で開催しました「初級セミナー」も今回が最後。「中心軸と二軸」・「ナンバと同側動作」・「骨盤の角度」・「股関節の外旋」・「肩甲骨の適正位置」・「上腕の外旋」・「膝の抜き」・「カラダと左右」・「歩行動作」・「技の洗練」について、座学と実技を実施。

 特にはじめて見えられた方が苦戦しておられるのが「膝の抜き」です。膝を屈曲させて動く(初動する)ことを現代人はほとんどしませんので、最初はコツがつかめないようです。しかし、一度きっかけをつかむと、急速に上達していきます。

 そして、多くの受講者に指導していますと、股関節が内旋傾向にある方ほど「膝の抜き」で苦戦されます。股関節の外旋ストレッチが「なみあし」の基本です。

2016年11月25日

セミナー・講習会日程

12月17日(土) 大阪 (新大阪丸ビル新館 509号室)

〇特別セミナー〜動作に必要な身体感覚を知ろう〜
                            17時〜20時 (15名)

一本歯(後歯)下駄