常歩(なみあし)で世界にはばたけ!

CIMG8682(1).JPG

 常歩(なみあし)という言葉をご存知でしょうか。常歩(なみあし)とはもともと馬の歩き方のひとつです。二軸動作ともよばれています。

 私たちは、動作原理の研究から「合理的でカラダにやさしい動作法・歩行法」を発見しました。

 これまで多くのアスリート等に、その動作法を伝授してきました。その中には、オリンピックメダリスト世界大会出場者も・・・・。

 あなたがもし、もっと楽に動ける方法を身につけていたとしたら?。ほとんどケガをしない動き方ができたとしたら?フルマラソンの自己記録を30分縮めることができたとしたら?

 そして、もしあなたが、世界のトップアスリートしか知らない動作法を習得できたとしたら・・・・・・・・!

 本研究所ではメールマガジン「常歩無限〜驚異のスポーツ上達法〜」を発行しております。パフォーマンス向上のための動き方歩き方のヒントが満載です。新規読者には「錯覚のスポーツ身体学(簡易版)」をもれなく差し上げます。

 また、「常歩(なみあし)」やその基礎となる「左荷重」で行う剣道に関する情報を提供するメールマガジン「剣道常歩(なみあし)流」も発行しております。

 メルマガのご登録は右サイドバーよりお申込みいただけます。

2017のびのび剣道学校(第38回)開催

のびのび剣道2013.jpg

 今年も「全国のびのび剣道学校」の講師をつとめさせていただくことになりました。テーマは「新しい感覚を身につけ、自分の剣道を切り開く!」。また、18日(月)は『剣道日本7月号』で登場された長谷川智氏(羽黒派古修験道先達、一橋大学・桐朋学園大学講師)による心身の操作法「一眼二足三胆四力」の講習もあります。

日程 2017年9月16日(土)、17日(日)、18日(月) 2泊3日
受付 9月16日(土) 12時30分〜13時30分
宿泊 長濱旅館(富士河口湖)
会場 西湖南体育館
主催 全国のびのび剣道学校運営委員会

3日間の研修ですが、2日間、日帰りの参加もOKです。詳しい内容は上の写真(2013のびのび剣道学校)をクリックしてください。

申し込用紙⇒ エクセル・ PDF
(メールでお申し込みの方はエクセルファイルに必要事項を書き込んでください。FAXをご利用の方はPDFファイルを印刷してご利用ください。)

五動 真体操作術

五動慎体操作術.jpg

会員募集

 なみあし(常歩)会員募集

会員にご登録いただくとすばらしい特典が。

 
最 新 記 事
2017年07月25日

体育坐り

体育坐り.jpg これまで数人の方々から日本の体育授業で採用されている「体育坐り」についてたずねられました。「あの坐り方をさせていいのでしょうか?」というような「体育坐り」について懐疑的な意見が多いようです。少し調べてみますと、この「体育坐り」は昭和40年に作成された『集団行動指導の手びき』がきっかけとなって全国の学校で採用されていったらしいのです。 

 どのような経緯でこの坐り方が採用されたかはわかりませんが、子ども達のカラダにいい影響が及ばないことは想像できます。腰が立ちにくい日本人がこの姿勢をとれば、ますます胸が閉じ骨盤は後傾してしまいます。

 また、ある方から「あの坐り方は元々、奴隷や囚人にとらせた姿勢ですよ」と教えていただきました。古代エジプトのレリーフには異民族の奴隷を「体育坐り」させているものがあるようです。

 子ども達は学校で教わることは「正しい」とイメージします。「気をつけ」と同様にこの姿勢が「正しい」「カラダのよい」などのイメージをもって生活していくことを想像するととても残念です。再考の必要があると思われます。

2017年07月10日

左荷重の卒業生、全日本剣道選手権福岡県予選会で健闘

 「なみあし剣道稽古法」のページで紹介している本学剣道部の卒業生が、全日本剣道選手権大会福岡県予選会に出場し健闘いたしました。

 動画は一回戦の模様です。相手は、全日本剣道選手権大会で3位の経験もある強豪でした。延長戦で出頭面で勝利しました。残念ながら、3回戦で今回県代表の県警の剣士に延長で敗れましたが、終始有利に試合を進める展開でした。

 動画をみると、初動がスムーズになっています。「学生時代より右を踏むタイミングを遅くして左で待つようにした・・」と語っています。彼は、卒業後、会社員として生活していますので、現在では月1〜2回しか稽古ができないと言っていますが、「稽古の頻度が少なくても実力が落ちることはないようだ」とのことです。

 今後の活躍を期待します。

2017年07月06日

大阪0期生講座終了しました。

インストラクター講座(大阪).JPG

 4月から開始していました「0期生講座」(大阪)が7月1日(土)に終了しました。3回のスクーリングとほぼ週1回のメールにより講座をすすめてきました。当初は、「0期生講座」終了の方々には「基礎セミナー」を開催していただく予定でしたが、受講生の多くはこの2年ほどセミナーに何度も足を運んでいただいた方々でしたので、上達も早く、1級の認定に合格された方々には「2級講座(A)(B)」も教えていただくことにいたしました。

 大阪は北海道・富山・山口など遠方からの受講生も多く、また、整体師、医師、剣道家・パーソナルトレーナーなど多士済々のメンバーでした。先日、東京講座も終了しておりますので、近日中に認定インストラクターによる活動を開始します。これまでセミナーにご参加していただけなかった地域の方々にも「セミナー」「講座」をご体験いただけると思います。

2017年07月03日

特別セミナー「〜カラダの左右特性を知ろう〜」

 あなたはスポーツ選手ですか?、武道家ですか?、コーチまたは指導者でしょうか?。それとも治療関係の方でしょうか?。「NPRI.動作改善普及センター」が主催しているセミナーや講座にはカラダに関するプロの方々が多く通っておられます。

 参加者の多くは、ご自身や選手・患者さんの動作指導を学びにおいでになります。動作指導や習得でご苦労されているようです。あなたも、動作習得や指導に関して悩んでおられるかもしれません。

 しかし、朗報です。動作改善のための一般的に知られていないカラダの特性があるのです。その特性を知るだけでパフォーマンスが飛躍的に向上することも珍しくありません。その特性とは「カラダの左右」です。あなたは、動作や技術の習得や指導で「カラダの左右特性」を加味しているでしょうか。

 私(木寺)自身、この左右特性を指導に取り入れることによって、学生剣士らを指導しています。そして、一般クラブである剣道部を2年連続(男女)全日本学生大会へ導いてきました。この成果の主原因は、もちろん部員の精進ですが、それと同時に私自身が技術指導の主観点を「カラダの左右特性」においたことにあります。

 「カラダの左右特性」を加味することによって、大幅に稽古時間を短縮するとともに的確なアドバイスができるようになりました。その成果は剣道専門雑誌にも掲載されました。

 そして、私が用いている「カラダの左右特性」を生かした方法は、他の競技や分野においても十分応用ができるのです。このたび「動作改善普及センター」では、「カラダの左右特性」に特化した特別セミナーを開講することといたしました。


特別セミナー「〜カラダの左右特性を知ろう〜」で学べること。    

  • 武術は左右を知っていた ・・・・ 前近代まで日本に伝わってきた武術の技は「カラダの左右特性」が十分加味されていました。左右非対称である武術を取り上げます。 
  • 左回りの法則とは ・・・・ 現在、陸上のトラックは左回り、野球のベースランニングも左回りです。左回りとは何か?。そして動作にどのように応用できるのか?。
  • 左右自然体の法則 ・・・・ まっすぐ前を向いているようでも、多くの人は無意識に左右の自然体を使っています。しかし、この左右自然体には一般的に知られていない特性があるのです。動作改善に左右の自然体を使うことができるようになります。
  •  歩行と左右 ・・・ ほとんど知られていない歩き方の秘密。現代の歩きと前近代の歩きは左右の違いは?。それらの特性を生かして様々な動作が生まれます
  • 利き目・聞き耳・利き足の秘密 ・・・・ 利き手だけではなく、利き目・聞き耳・利き足を知ることで動作は飛躍的に改善されます。その基本をお教えします。

  •  今回のセミナーではこれらの内容を座学と実技で学んでいただきます。まずは、ご自身のカラダで体感することが大切です。

特別セミナー「〜カラダの左右特性を動作に知ろう〜」  

 第1部 講義「カラダは左右対称ではない」( 60分) 
 第2部
 実技「左右特性をしって動作を変えよう」 (90分)

 参加費 一般 10000円  会員 8000円  IS会員 6000円
            (IS会員⇒インストラクター会員、マスターインストラクター会員

開催日程

一本歯(後歯)下駄