常歩(なみあし)で世界にはばたけ!

CIMG8682(1).JPG

 常歩(なみあし)という言葉をご存知でしょうか。常歩(なみあし)とはもともと馬の歩き方のひとつです。二軸動作ともよばれています。

 私たちは、動作原理の研究から「合理的でカラダにやさしい動作法・歩行法」を発見しました。

 これまで多くのアスリート等に、その動作法を伝授してきました。その中には、オリンピックメダリスト世界大会出場者も・・・・。

 あなたがもし、もっと楽に動ける方法を身につけていたとしたら?。ほとんどケガをしない動き方ができたとしたら?フルマラソンの自己記録を30分縮めることができたとしたら?

 そして、もしあなたが、世界のトップアスリートしか知らない動作法を習得できたとしたら・・・・・・・・!

 本研究所ではメールマガジン「常歩無限〜驚異のスポーツ上達法〜」を発行しております。パフォーマンス向上のための動き方歩き方のヒントが満載です。ぜひ、お役立てください。

「常歩無限〜驚異のスポーツ上達法」

 

  また、「常歩(なみあし)」やその基礎となる「左荷重」で行う剣道に関する情報を提供するメールマガジン「剣道常歩(なみあし)流」も発行しております。ご登録は下記フォームより。

「剣道常歩(なみあし)流」

 

会員募集

 なみあし(常歩)会員募集

会員にご登録いただくとすばらしい特典が。

 

なみあし(常歩)セミナー第2弾

歩き方が変われば人生が変わる

 

 「屈曲動作」に関するセミナーも大盛況でした。いよいよ、4月から7月まではテーマを変更してなみあし(常歩)セミナー第2弾を開催いたします。今回のテーマは「歩き」です。

 さて、あなたはスポーツ選手ですか、武道家ですか、ダンサーですか、トレーナーですか、それとも治療にたずさわっておられる方でしょうか。いずれにしてもご自分や患者さんなどの動作を改善しようとされていると思います。

 同じ運動能力をの二人が同様のトレーニングをしているのに、一方は高いパフォーマンスを発揮し、もう一人はそれほどでもない、という事例を知っていることでしょう。

 なぜ、そのようなことが起こるのでしょうか。

 それは、トレーニングは日常動作の基礎があってはじめて十分な効果が生まれるからです。日常生活で最も多く繰り返される動作は歩行です。歩行動作が変わればトレーニング効果も変わります。

 そんなことは分かっている?。では、なぜ歩きを変えないのでしょうか。

 多くの方は、どのように歩きを変えていいのか分からないからだと思います。

 私は間違いだらけのウォーキング表紙.jpg膝は伸ばさず歩きなさい表紙.jpg道・武術の技を解明するために歩きを研究してきました。そして、ある法則を発見しました。

 その法則を知ってからは、スポーツや武道などの技の構造がはっきり分かるようになったのです。そして、歩きに関する著書を発刊するようになりました。

 歩きを理解すると様々なことが可能になります。歩きを変えることでスポーツなどのパフォーマンスが劇的に向上します。歩きをみただけでその選手の動作傾向が分かります。

 しかし、正しい歩きがあるわけではありません。歩きの法則を知ると、さまざまな目的に適した歩きをご自分で作り出せるようになります。

 なみあし(常歩)セミナー第2弾では、歩きの法則とその実践方法を学んでいただきます。

 歩きを学び飛躍しましょう。

 

内 容 

 第1部 講義「からだにやさしい歩き方」( 60分)
 第2部 実技「正しい歩き方などない」  (120分)

講 師 木寺 英史 他

 

セミナー日程

参加者の声

最 新 記 事
2016年07月23日

高校一年生が課題研究で「二軸サッカー」

先日、関東地方のある高校1年生から学校の課題研究で二軸動作・常歩(なみあし)を研究したいとのメールをいただきました。

専門の種目がサッカーとありましたので、二軸サッカーに精通され実際に高校生をご指導されている埼玉県立本庄高等学校の福島智紀先生をご紹介しました。高校生はその後、福島先生とたずねられたそうです。

そして、研究解題を成果をユーチューブにアップしたとの連絡がありました。

二軸動作というと、どうしても左右軸の操作にのみ着目されますが、この動画では立ち脚(軸足)の膝の操作にも着目しています。素晴らしいと思います。

是非、動画をご覧ください。

2016年07月16日

奈良高専剣道部へ

20160714narakusen.jpg

 先日は、奈良高専剣道部へお邪魔しました。平成21年4月より24年3月まで奈良工業高等専門学校(奈良県大和郡山市)に勤務しました。24年4月に九州共立大学に赴任したのですが、その後も年に2〜3回稽古にうかがっています。

 今回も、試合稽古と地稽古を拝見し、微力ですがアドバイスをさせていただきました。顧問の池田先生をはじめ剣道部の皆さん、ありがとうございました。また、お会いしましょう。

一本歯(後歯)下駄
プロジェクト5
常人歩人図案.jpgプロジェクト5.jpg