常歩(なみあし)で世界にはばたけ!

CIMG8682(1).JPG

 常歩(なみあし)という言葉をご存知でしょうか。常歩(なみあし)とはもともと馬の歩き方のひとつです。二軸動作ともよばれています。

 私たちは、動作原理の研究から「合理的でカラダにやさしい動作法・歩行法」を発見しました。

 これまで多くのアスリート等に、その動作法を伝授してきました。その中には、オリンピックメダリスト世界大会出場者も・・・・。

 あなたがもし、もっと楽に動ける方法を身につけていたとしたら?。ほとんどケガをしない動き方ができたとしたら?フルマラソンの自己記録を30分縮めることができたとしたら?

 そして、もしあなたが、世界のトップアスリートしか知らない動作法を習得できたとしたら・・・・・・・・!

 本研究所ではメールマガジン「常歩無限〜驚異のスポーツ上達法〜」を発行しております。パフォーマンス向上のための動き方歩き方のヒントが満載です。新規読者には「錯覚のスポーツ身体学(簡易版)」をもれなく差し上げます。

 また、「常歩(なみあし)」やその基礎となる「左荷重」で行う剣道に関する情報を提供するメールマガジン「剣道常歩(なみあし)流」も発行しております。

 メルマガのご登録は右サイドバーよりお申込みいただけます。

五動 真体操作術

五動慎体操作術.jpg

会員募集

 なみあし(常歩)会員募集

会員にご登録いただくとすばらしい特典が。

 

動作改善普及センター

動作改善普及センターでは、下記のセミナー・講座を設けています。

基礎セミナー導入編基礎知識と動作(実技)を学びましょう。

実技セミナーは、10人以内による実技レッスンです。

特別セミナーは、基礎セミナー・実技セミナーでは取り扱わない極意を公開。

専科セミナーは、ランニング・ウォーキング・ゴルフ・剣道・・・・など専門領域に特化。

認定講座は、2級講座・1級講座・マスター講座。(修了証認定証が発行されます。)

要は足首から下

IMG_0245.JPG

 出版社より本が届きました。スーパーフィートジャパンで多くのアスリートや選手へのフィッティングの実績がある水口慶高氏の「足についての本当の知識」( 実業之日本社)が新書として再発刊されます。細かい内容が改変されています。私も監修者としてお手伝いをさせていただきました。

 足について研究されている方は多いですが、水口氏は足首から下、いわゆる足から動作を的確に観ることができる数少ない方だと思います。ヒトは足の環境が崩れても、その上に乗った体はそれを補償して何事もないかのように生活することができます。しかし、そのまま放置しておけば、体のあちこちに歪みをつくり、不調の原因になるのです。

 スーパーフィートジャパンで多くの人々の足を見てきた水口慶高氏が、日常生活の中で「立つ」「歩く」「走る」時の足の使い方、足と体の関係、昨今のランニングブームと足の問題など、具体的な事柄をとおして、本当の足の仕組みや働きを知ることの大切さ、代表的な足の悩みである「外反母趾」や「腰痛」「肩こり」などの原因をさぐり改善するための知識を、実際に試せるミニテストや動作に現れる事象を交えながら解説しています。(新書224ページ、2017年03月10日発売、定価 864円・税込)

ナチュラルウォーキング講座第2弾

knesiro3.jpg

 3月19日(日)、なみあしセミナーに何度も足を運んでいただき、熱心に受講された金城みどり氏(ジョギングインストラクター)によるナチュラルウォーキング講座が開講されました。大好評につき講座(第2弾)が6月18日に開催されます。

 金城氏は高校・大学と陸上部に所属、 全国高校駅伝出場経験あり。その後、客室乗務員として航空会社に勤務のかたわら、ランニングを重ねる中で、スロージョグギングの喜びを知り、 『体を大切にしながら生涯長く走るこ とを楽しむ』をテーマとした「葉山ナ チュラルランニングクラブ」を設立。詳細は上の画像をクリックしてください。

 (受け付けは5月1日より)

最 新 記 事
2017年05月26日

東京2級・1級講座(B)開催

20170520東京0期生講座(B)3.jpg20170520東京0期生講座(B)4.jpg

 5月20日(土)、東京で2回目の動作改善普及センター「2級・1級0期生講座(B)」を開催いたしました。東京での受講生は10名。スポーツ選手、トレーナー、医師、ヨガ講師、治療家、剣道家など多士済々のメンバーです。

 今回の講座では「2級講座(A)動作の基礎を学ぼう〜アクセルとブレーキを入れかえる〜」とその教授法。そして基礎セミナーの実技指導方法をレクチャーいたしました。そして、後半は講座認定の実技科目をトレーニングいたしました。

 この講座は私からの話だけでなく、講座生相互の情報交換なども取り入れています。東京の3回目の講座は6月24日(土)です。0期生の皆様、ご熱心なご受講ありがとうございました。


2017年05月09日

「一本」とは何か

一本の意味を探る.jpg

 スポーツ学概論(1年生対象)の講義で「一本」の意味について取り上げました。

 まず、「サムライスピリット(柔道編)」というDVDを鑑賞させます。これは、極真空手前ヨーロッパチャンピオンのニコラスぺタス氏が、日本の武道を紹介していくシリーズでヨーロッパで放映されたあと、日本でも放映されました。

 その中では「一本」とは相手の命を奪うくらいに強烈な技・・ということが語られています。しかし、本来の「一本」 の意味はすこし違うようです。

 「一撃必殺」という言葉があります。これは、「一本をとる」という考え方をより具体的に表しているようです。一撃で必ず殺す、つまり相手の命を奪うとしているのです。一撃で相手を殺すというのは、世界中の狩猟民族がほぼ共通に持っている考え方です。

 これは、決して自分の技術の高さを証明しようとしているのではありません。獲物に対する尊敬の念から生じています。大切な「命」を奪うときに、一撃でしとめ、余計な苦しみを与えないことが最低限の「礼儀」であるという考え方です。

 この「一撃必殺」の精神こそ「一本」の源であると考えられます。この考え方が、武道など相手を殺傷することから昇華した運動文化に受け継がれたと考えられます。よって、柔道・剣道・空手などでは、「一本」や「一振り」・「一撃」で相手を倒すことが高いレベルの技術であるとされているのです。

2017年05月09日

左荷重の剣道(試合)

 左荷重剣道の稽古法を紹介してきました。

 地稽古では左荷重の構えから「出頭技」を打つように指導します。右荷重の剣道は、打突の機会に右足を踏んでいるので、狙って出頭技を打つことができません。

 また、現代剣道(右荷重)の試合では、出頭技や相打ちの技は危険であるため避ける傾向にあります。しかし、私はあえて出頭技や相打ちの技を多用するように指導します。左荷重から相打ちの打突を狙うようになると、相手の打突の気配を敏感に感じることができるようになってきます。すると、相手の打突を間を詰めて(入り身で)かわせるようになります。これができるようになると、試合での負率が著しく減少してきます。つまり、負けない(打たれない)ようになってきます。

 上の動画は一昨年の本学対中央大学の試合(副将・大将)の試合(全日本学生剣道優勝大会)です。三将までで団体の負けが決まった試合なのですが、左荷重を体得していた副将・大将は互角の試合を展開しています。この二人は後日、雑誌の取材を受けました。大将の剣士は、「今までの常識が真逆なんです」と語っています。真逆とは右足と左足を踏む機会が180度違うことを指しています。

 さて、左荷重剣道の稽古法を紹介してきましたが、これは現代剣道から常歩剣道に移行するための稽古法です。次回からはいよいよ常歩剣道の稽古法を紹介していきます。

2017年04月29日

歩み足の切り返し

 歩み足での切り返しです。この切り返しは教えていないのですが、学生の一人が考案してやりだしました。すると、他の部員も真似をするようになりました。学生の段階では歩み足の切りかえしは必要ないと考えていましたが止めさせることはしませんでした。

 現在では、左荷重の剣道の稽古法の一つとして定着しています。

一本歯(後歯)下駄