常歩(なみあし)で世界にはばたけ!

CIMG8682(1).JPG

 常歩(なみあし)という言葉をご存知でしょうか。常歩(なみあし)とはもともと馬の歩き方のひとつです。二軸動作ともよばれています。

 私たちは、動作原理の研究から「合理的でカラダにやさしい動作法・歩行法」を発見しました。

 これまで多くのアスリート等に、その動作法を伝授してきました。その中には、オリンピックメダリスト世界大会出場者も・・・・。

 あなたがもし、もっと楽に動ける方法を身につけていたとしたら?。ほとんどケガをしない動き方ができたとしたら?フルマラソンの自己記録を30分縮めることができたとしたら?

 そして、もしあなたが、世界のトップアスリートしか知らない動作法を習得できたとしたら・・・・・・・・!

 本研究所ではメールマガジン「常歩無限〜驚異のスポーツ上達法〜」を発行しております。パフォーマンス向上のための動き方歩き方のヒントが満載です。新規読者には「錯覚のスポーツ身体学(簡易版)」をもれなく差し上げます。

 また、「常歩(なみあし)」やその基礎となる「左荷重」で行う剣道に関する情報を提供するメールマガジン「剣道常歩(なみあし)流」も発行しております。

 メルマガのご登録は右サイドバーよりお申込みいただけます。

会員募集

 なみあし(常歩)会員募集

会員にご登録いただくとすばらしい特典が。

 

動作改善普及センター

動作改善普及センターでは、下記のセミナー・講座を設けています。

基礎セミナー導入編基礎知識と動作(実技)を学びましょう。

実技セミナーは、10人以内による実技レッスンです。

特別セミナーは、基礎セミナー・実技セミナーでは取り扱わない極意を公開。

専科セミナーは、ランニング・ウォーキング・ゴルフ・剣道・・・・など専門領域に特化。

認定講座は、2級講座・1級講座・マスター講座。(修了証認定証が発行されます。)

要は足首から下

IMG_0245.JPG

 出版社より本が届きました。スーパーフィートジャパンで多くのアスリートや選手へのフィッティングの実績がある水口慶高氏の「足についての本当の知識」( 実業之日本社)が新書として再発刊されます。細かい内容が改変されています。私も監修者としてお手伝いをさせていただきました。

 足について研究されている方は多いですが、水口氏は足首から下、いわゆる足から動作を的確に観ることができる数少ない方だと思います。ヒトは足の環境が崩れても、その上に乗った体はそれを補償して何事もないかのように生活することができます。しかし、そのまま放置しておけば、体のあちこちに歪みをつくり、不調の原因になるのです。

 スーパーフィートジャパンで多くの人々の足を見てきた水口慶高氏が、日常生活の中で「立つ」「歩く」「走る」時の足の使い方、足と体の関係、昨今のランニングブームと足の問題など、具体的な事柄をとおして、本当の足の仕組みや働きを知ることの大切さ、代表的な足の悩みである「外反母趾」や「腰痛」「肩こり」などの原因をさぐり改善するための知識を、実際に試せるミニテストや動作に現れる事象を交えながら解説しています。(新書224ページ、2017年03月10日発売、定価 864円・税込)

最 新 記 事
2017年03月22日

平成28年度、卒業式・卒部式

2017卒業式2.jpg2017卒業式1.jpg

 3月21日(火)は平成28年度九州共立大学学位授与式(卒業式)が挙行されました。木寺ゼミからは19名の卒業生が、剣道部からは14名の卒業生が巣立ちました。

 剣道部の卒部式では、「努力をするのはやめよう・・」と話しました。動作もそうですが人生も力感や努力感・頑張り感はなくしたいと思っています。普通は努力が大切・・といいますが、私は努力を感じないくらい好きなことを見つけようと言います。

 楽之真也。努力や苦労ではなく、真の楽しさを感じて人生を送ってください。

 君たちのおかげで楽しい4年間でした・・・さらば。

2017年03月22日

ナチュラルウォーキング講座

kanesiro1.jpgkanesiro2.jpg

 3月19日(日)、なみあしセミナーに何度も足を運んでいただいた、金城みどり氏によるナチュラルウォーキング講座が開講されました。私(木寺)はお伺いできませんでしたが、なみあしセミナー受講者からの参加もあったようです。

 ウォーキングはあらゆる動作改善の基本です。以前、歩き方に特化したセミナーを開催させていただいたときに「歩き方を変えれば人生が変わる」いうタイトルにしました。これは大仰ではないと思います。

 徐々に、なみあし歩行も浸透しつつあるようです。ますます、金城氏の講座が発展することをお祈りいたします。

2017年03月19日

安藤友香選手「忍者走り」で日本代表内定

 8月にロンドンで行われる世界陸上選手権の代表選考会を兼ねた「名古屋ウィメンズマラソン」が3月12日、ナゴヤドームを発着点に行われ、初マラソンの安藤友香選手(22=スズキ浜松アスリートクラブ)が2時間21分36秒で2位に入りました。安藤選手は日本歴代4位の好記録(初マラソン日本最高記録)で日本陸上競技連盟が定めた世界選手権の派遣設定記録を突破。女子マラソンの代表に内定。優勝はリオデジャネイロオリンピックで銀メダルを獲得したバーレーンのユニスジェプキルイ・キルワ選手(32)で、2時間21分17秒でした。

 これだけなら、東京オリンピックへ向けて低迷を続けてきた男女マラソン界に有望選手が現れたということなのですが、それ以上に注目を集めているのが安藤選手のランニングフォームです。忍者走り・乙女走りなどといわれています。腕をだらりと下げた独特のフォーム。この走法をなみあし的に解説してみましょう。

 安藤選手の腕をだらりとさげた走り、要諦は腕を下げていることではなく肩の動きが抑えられることにあると思われます。この走りは、15年以上前から金田伸夫先生や矢野龍彦先生らの研究グループが提唱されてきました。それらは「ナンバ走り」として著書にもまとめられています。

 その後、中国人選手によって手をだらりと下げて走る選手は現れたのですが、日本人選手でこれだけの成果をあげた選手ははじめてだと思います。

 さて、走動作を腰と肩の動きから考えてみます。例えば、左足が着地して右足が振りだされる局面では右腰が前方に出ようとします。その動きでカラダは左を向こうとします。しかし、走動作ではカラダはほぼ正面を向いたまま前進していきます。それは、カラダが左に向こうとする力を補償しているからです。そうしないと前に進むことはできません。そして、この作用は無意識に行われます。

 それでは、その補償はどのように行われているのでしょうか。最も知られているのが肩の動きによる補償です。左足着地で右足が前方に振り出される局面では、左肩を前方に移動させることによって補償します。腕を振ることも同様です。左腕を前方に振り出すことによってカラダが左を向く力を補償するのです。(ただ、腕を振る作用は、肩の動きを大きくする作用と、走歩行の速度によっては小さくする作用があります。このことは別の機会に取り上げます。)

 ところが、このように主に肩の動きで補償する走りは、腰(骨盤)と肩がほぼ逆方向に動くために体幹がねじれることになります。カラダに大きな負担をかけることは明らかです。体幹がねじれることによって内臓にも負担かかかる・・という説もあります。

 特にマラソン競技のような長距離走では、できるだけ体幹のねじれを抑えて走ることが理想だと考えられます。それでは、肩や腕ふりの以外で補償できるところはどこでしょうか。

 一つは腰(骨盤)の動きです。左足着地で右足が前方に振り出されるときに、左腰を前方に押し出す力を加えることで補償します。これが可能になれば、肩での補償は最小限に抑えられ、体幹を可能な限りねじらない走りが実現します。

 このときに、左腰を前方へ押すように動作すると上手くいきません。左股関節の外旋力を使うのです。例えば、左足着地で左ひざを伸展させようとすると左股関節は内旋傾向になります。そうすると右腰が前方に移動していきます。そうではなく、左ひざを逆に屈曲させる(屈曲を保つ)ように操作します。左股関節が外旋傾向になります。着地脚は固定されていますので、脚全体が外を向くのではなく左腰が前方に押し出されるのです。一般的な言い方でいうと「蹴らない」ということになります。

 そして、この「蹴らない」ことはもう一つの大きな補償を生み出します。それが足裏の摩擦です。実はほとんど語られていませんが、走歩行時のトルクは足裏の摩擦によって補償されるのです。このことは二足歩行ロボットの研究者に教えていただきました。イメージしにくい方は氷の上を走ると想像してください。まっすぐには走れません。足裏の摩擦が極端に少ないからです。

 「蹴らない」走りはフラット着地を生み出します。フラット着地は足裏の着地面積が広くなるので大きな摩擦を得られることになります。

 これらのほかにも、足部の状態などが条件になると思われますが、足関節に可動域がある日本人選手には体幹をねじらない走りが有効であると思われます。

 安藤選手の今後のご活躍を祈念いたします。

2017年03月17日

左荷重の剣道(遠間から一歩攻めて打つ)

 一足一刀の間合いから左荷重で打突できるようになったら、遠間から一歩攻めて面と小手を打突します。

 この打突は多くの剣士が稽古していると思いますが、左荷重で打突している剣士はほとんど見受けられません。動画みていただくとわかるように、竹刀の振りはばとか右足が上がっていくタイミングなどの可視的な動きは関係ありません。

 ただ、一歩攻めて左足が床を踏んだ瞬間の床反力で竹刀を振り上げるようにします。つまり、からだの左側で得る力で竹刀を操作します。この稽古は大きく打突する方が右荷重の打突になりやすいので注意が必要です。

一本歯(後歯)下駄