2016年01月21日

NPRI動作改善普及センター設立理念および目的

「からだにやさしい動作法で、人々に勇気と健康、そして幸福をもたらす」

 わたしたちは、スポーツや武道などの動作研究から「合理的な動作法・歩行法」を発見しました。それらは人間が本来持っている自然でからだにやさしい動き方です。現代人はその動作法や歩行法を忘れています

 わたしたちは、この合理的でからだにやさしい動作法や歩行法を普及し、多くの人々に勇気と健康、そして幸福をもたらします。

具体的に次のような目的で活動します

@    高い競技力を必要とするアスリートに合理的動作法を改善指導します。

A    合理的な日常動作や歩行を普及し、人々の健康的で有意義な人生に寄与します。

B    高齢者や障がいのある方に適した「からだにやさしい」動作法や歩行法を伝授します。

C    女性のための美しく、かつ「からだに負担が少ない」歩行法を指導します。

 これらの目的を達成するため、NPRI動作改善普及センターは、実践活動と研究を継続し人々の健康と幸福を願います。

2016年12月07日

認定講座に関しまして

 動作改善普及センター設立理念・目的はご一読いただけましたでしょうか。その理念・目的を達成するために認定講座を開講することといたしました。ここで開講にいたりました経緯と趣旨を記させていただきたいと存じます。

 2015年10月より、大阪・東京・名古屋・福岡等でセミナーを開催してまいりました。その中で受講生の方々より「資格の認定はないのですか?」「なみあしを教えたいのですが・・・」というようなご質問やご要望をお聞きしてきました。特にトレーナーや治療関係の方々が多かったと思います。

 また、私自身も一人でセミナー活動を続けることに限界を感じておりました。どうしても経費の関係もあり、東京や大阪といった都市部での開催となり地方でのセミナー開催は難しいのです。

 様々な認定講座等を参考に計画を練ってきましたが、準備にあたり目標としたのは、

「長く維持できる組織を構築すること」

「動作やトレーニング法の質を低下させないこと」

「認定者に収益を上げていただくこと」

の3点でした。

 まず、数年で機能しなくなる組織ではなく、半永久的にというと大げさですが、次の世代に託すことができるしっかりした組織をつくることを考えました。また、動作やトレーニング法を広めるにあたり可能な限り質を低下させないこと。そして、認定者が動作法を広めるにあたりボランティアではなく収益を上げていただけることを考えました。

 他の様々な認定講座を調査しますと、むやみに多くの指導者を輩出するようなシステムもあるようですが、当普及センターでは、ゆっくりと確実な組織に育てようと考えています。

 どうか、これまでの経緯と趣旨をご理解いただき、私たちとともに合理的動作法とその習得方法を世に広め、多くの方々の健康と幸福に寄与する活動に加わっていただければ幸いです。

 

一本歯(後歯)下駄