2018年05月02日

合理的身体操作とは

 近年、さまざまな「身体操作法」や「技法」が伝えられたり紹介されたりしています。当研究所が提唱している動作法もその一つですが、目指しているのはどれも「合理的に動く」ということです

  さて、「合理的に動く」とはどのような動きなのでしょうか。整理してみましょう。 img009.jpg

【伸展動作と屈曲動作】 

 まず、実際に動いてみましょう。自然に立ってください。1メートルくらい前方の地面(床)にラインを引きます(目印を決めてもけっこうです)。左右どちらの足を踏み出してもかまいません。一歩でそのライン(目印)まで体を運んでください。さて、皆さんはどのように体を運ぶでしょうか。

 最初は1メートル先まで跳んでみましょう。左右どちらかの足で地面(床)を蹴って前進します。跳びあがるようにして動きます。次は、立ったまま前に倒れてみましょう。そのときに両足の踵(かかと)を上げないでください。踵(かかと)を接地したまま前に倒れていきます。そして、これ以上前傾ができないところまで倒れたら、どちらかの足を前に踏み出してください。これら二つの方法を試していかがでしたでしょうか。何が違うのでしょうか。

 跳び上がる方法は主に「筋力」を使っています。「筋力」を「内力」ともいいます。からだの内側から発揮される力という意味です。一方、からだを前傾させる方法は「内力」よりも「外力(重力)」を使っています。全く異なる感覚であると思います。

 「合理的身体操作」とは、このように可能な限り「外力」を使用する動きのことをいいます。しかし、ここで紹介したからだを前傾させる方法は、「外力」を使う最も初歩的なものです。動きを知る導入方法と理解してください。

 上の二つの動き方について、もう一度「膝の動き」に着目してみていきましょう。「内力(筋力)」をつかう前進は、曲げた膝を伸ばしながら動き出しています。一方、「外力(重力)」をつかう方法は膝を曲げながら動き出しています。初動(動作のはじまり)において、膝が逆の動きをしています。当研究所では、膝を伸ばしながら動く方法を「伸展動作」、膝を曲げながら動く方法を「屈曲動作」といっています。いうまでもなく、当研究所がお教えする動作法は可能な限り「外力」を利用することができる「屈曲動作」です。

 実は「屈曲動作」は、日本の伝統的身体操作法の基礎となる動き方です。是非、「屈曲動作」を学んで飛躍してください。

2018年05月01日

身体の断絶

身体の断絶.jpg

 合理的身体操作には様々な方法があります。当研究所が提唱している「屈曲動作」だけがその方法ではありません。「屈曲動作」・「なみあし」はその中の一つだと理解してください。

 さて、膝関節などを屈曲させる「屈曲動作」は本来、明治維新以前(前近代)の日本人が得意とした動作法だったと考えられます。なぜ、日本人が得意だった「屈曲動作」が消失していったのでしょうか。それを説明しるときによく言われるのが「身体の断絶」です。

 日本の身体運動文化には2度の断絶がありました。一度目は明治維新、2度目は先の敗戦です。「屈曲動作」の消失は明治維新による断絶が大きく影響しています。

 明治維新による日本人の「身体性」の断絶は大きく二つの要因がありあります。一つは、生活習慣の変化にともなうものであり、もう一つは明治政府の政策によるものです。

 和服から洋服へ、伝統的履物から靴(シューズ)の変化などの日常動作の変容は緩やかであったと考えられます。一方、政策による断絶は日本人の身体に急激な変化をもたらしました。

 明治政府は徴兵令を公布し多数の農民からなる軍隊を構成することとしました。。しかし、この徴兵令による国民皆兵化には大きな障壁がありました。それは、当時、国民の大部分をしめた農民には集団移動能力が欠如していたのです。つまり、行進ができなかったのです。

 そこで、学校体育の中で行進を徹底的に訓練しました、義務教育過程に兵式体操を採用しましたが、その内容は本来のものとは異なり、隊列をととのえての歩行が中心でした。さらに、同様の施策が音楽教育にもみられました。行進ができない原因の一つが、それまでの日本にマーチ(行進曲)のリズムが欠如していることに気づいた政府は、「文部省唱歌」をつくり、マーチの音楽に合わせて歩くことを訓練させました。

 さて、足なみをそろえて行進ができるとはどういうことでしょうか。地面を踏みしめるタイミングを一致させる必要があります。すると、着地脚の膝や足関節(足首の関節)を伸展させるアクセント(感覚)が強くなってきます。

 徐々に日本人は、本来の動作法を失い、膝関節や足関節(足首の関節)を伸ばすことのよって動く「伸展動作」が主流になっていきました。

 本来日本人の身体性と合致していた動作法の中に現代の日常生活やスポーツ技術に応用できる動作法があるのです。当研究所では、それらを抽出しその習得法を伝授しています。

2009年05月22日

主観と客観

 動きの3要素を学んだところで、主観客観について触れることにします。

 私たちが動きを学んだり身につけたりするときには、上手な人の動きを真似たり、ビデオを撮ったりします。そして、自分のフォームをつくります。

 しかし、なかなか上手くいかないことも多いようです。自分で理想のフォームを描いていても、そのようには動くことができません。

 その原因のひとつは、主観客観のズレがあるからです。

 

 例えば、ターンオーバーする走りを目指すとします。ターンオーバーとは走動作において離地した脚が鋭く前方に切り返されることを言います。(「ターンオーバーと二直線走法」参照) 

 すばらしいターンオーバーの走りをする選手やそのデータを参考に、意識的に脚を前に切り返そうとしたり、膝を前方へ振り上げようとしても上手くいきません。

 それは、実際の動き(客観)とそれを生み出す感覚(主観)が異なるからです。

主観客観.jpg

 カール・ルイス選手(1990年代に活躍した陸上選手・オリンピックで通算9個の金メダルを獲得)のコーチであったトム・テレツ氏は、ターンオーバーを生み出す感覚は「足を真下に踏みつけることだ」と語ったといいます。

 客観的な動きとは、全く異なる主観(感覚)で、ターンオーバーを生み出していたのです。

 

 また、私たちは様々な動作の教えを「ことば」として受け取ります。しかし、その「ことば」が客観としての「ことば」か、主観としての「ことば」かを明確に把握しないと誤った姿勢や動作を覚えることになります。

 スポーツや武道の指導現場では、これらが混在しているのです。

 さらにやっかいなのは、主観は個人によって異なるということです。

 トレーニングや稽古のなかで、独自の感覚(主観)をみつけることも楽しいことです。

 また、個人の感覚も時間の経過とともに変化していきます。1年前の主観(感覚)と現在の主観は違います。常に、現在の新しい感覚を探すことも大切です。 

2009年05月21日

動きの3要素

 二軸動作・常歩感覚を大切にしています。なぜでしょうか?。

 動作を勉強したり、習得したりするときには感覚を抜きにできません。

 動作を観たり、自分でつくったりするときの3要素があります。この3つの要素のどれが欠けてもいけません。

 その3要素とは、動き・力の方向・感覚です。簡単に説明しましょう。

 動きとは、客観的に現れる動作です。しかし、動きをみるときに注意しなければならないのは、実際(客観)に動いている方向と力の方向(からだに力がかかる方向)は異なっている場合があるということです。

 例えば、腕をできるだけ速く、頭上に上げて下げて(元に戻して)ください。 腕が頭上にあがっていく途中にすでに腕を下げる方向の力が加わっています。

 また、そのときの感覚を感じてみてください。人によって異なりますが、動き力の方向とは異なる感覚(感じ方)があるのです。

 動き見えますが、力の方向感覚は見ることができません。

 しかし、これらの不可視的な要素に気づくことで、動作を観たりつくったりすることができるのです。

 このページでは、主に常歩の感覚について取り上げてみます。是非、ご自分の感覚と照らし合わせて読み進めていただければと思います。

一本歯(後歯)下駄