2015年05月12日

左荷重の成果か??

中島1.jpg 5月9日(土)に開催された「第48回全九州女子学生剣道選手権大会」において、本学剣道部、中島美慶選手がベスト8入りを果たし敢闘賞を獲得。6月27日(土)に大阪で開催されます全日本女子学生選手権大会に出場します。

 昨年度から「しない」の振り上げ直前と振り上げ時に「左荷重」になるように指導してきました。言い換えると、上肢と下肢の協調ですが、中島選手は入学時から上下肢の協調ができていました。さらに、「左荷重」の稽古で右足の離れが早くなったようです。右足の離れとは、右足が動くタイミングが早くなるようです。

 ただ、今の大学生は典型的な「現代的歩行」をしていますので、さらに効果を出すためには、やはり「歩き方」を変える必要があるかもしれません。

 また、先日の大会で間合いについて気づいたことがあります。一足一刀の間合いよりかなり近い間合いに、相手が打突できない間合いがあるように思えてきました。若い世代で試合で成果を上げている剣士は無意識のうちに、その間合いを知っているのではないかと思います。

一本歯(後歯)下駄
五動 新体操操作術
五動慎体操作術.jpg