2016年11月15日

トップアスリートに伝授した 怪我をしない体と心の使いかた

mb75301m.jpg 久しぶりに「なみあし」関連の著書が発刊されました。『怪我をしない体と心の使い方』(小田伸午、小山田良治、本屋敷俊介、創元社。

 近年、研究所で考察してきました肩甲骨の内容も書かれています。腕が動くときに、肩甲骨が動けば動くほどいいと理解されている方が多いと思います。しかし、昔から日本の武術等では肩甲骨を適正位置に収めることによって合理的な肩の動きが発現する・・という教えがありました。

 小田伸午先生(関西大学)、小山田良治氏(五体治療院代表)、前オリックスコンディショニングコーチで現在は阪神タイガース一軍トレーナーの本屋敷さんの共著です。机上の理論ではなく、選手らに接して得られた知見がちりばめられています。

 また、五体治療院で小山田氏直伝のトレーニング術を学ぶ競輪の山内卓也選手・浅井康太選手の座談会の内容も収録されています。こちらも必読です。

 

一本歯(後歯)下駄
五動 新体操操作術
五動慎体操作術.jpg