2017年03月06日

左荷重の剣道(地稽古)

 左荷重の剣道を実践するとどのような剣道が発現するのでしょうか。

 卒業(平成28年度卒)を前に、今年度のチームの大将と副将をつとめた学生二人の地稽古を撮影しました。ご覧いただければ分かるように、現在の若い剣士とはかなり違う剣道をしています。

 この学年たちが2年生の春から「左荷重の剣道」を指導しはじめました。左荷重の剣道とは、ずっと左足に荷重しているのではありません。ここを間違えないようにしてください。

 現代剣道と左右打突(池1).jpgを逆にするのです。逆にするというのは、現代剣道で右に荷重している局面を左荷重に、左に荷重している局面を右荷重にします。最もわかりやすいのは、竹刀の振り上げです。現代剣道は竹刀の振り上げを右荷重で(右足を踏んで)行います。それを左荷重で(左足を踏んで)振り上げるようにします。

 また、現代剣道では右荷重をつくってから打突します。左荷重の剣道は右荷重を経過せずに打突します。ですから、私は「攻めて打て」とは言いません。「攻める」という動作を若い剣士らは右を踏むことをイメージするので、「攻めて打て」と指導すると、ますます右足を踏んで打突するようになります。

 それから二人とも、ほぼ左かかとが接床しています。これも自然と接床してきます。指導でかかとのことを指導したことは一度もありません。左足に荷重するタイミングを丁寧に教えていくだけです。

 学生らは試合も左荷重の剣道を実践しています。ほぼマスターすれば競技力が落ちる(試合が下手になる)ことはありません。彼らのチームは九州学生剣道優勝大会に2位(平成27年度)と3位(平成28年度)で全日本学生優勝大会に出場しました。逆に、競技力は向上していきます。

 写真は、最後の相打ちの面です。手前の選手の左かかとに注目してください。打突の直前まで左かかとは接床したままなのです。この後、素早く左ひざを前方に送り出していきます。

 現代剣道とは全く違う原理で打っています。

 左荷重による基本稽古法も撮影をしていますので、徐々にアップしていこうと思います。

一本歯(後歯)下駄