2018年10月20日

専科セミナー「氣」

 氣力と感情で動作を変える」

 一昨年11月より専科セミナーで「氣」に関する課題をとりあげてきました。受講生を募集しましたところ各会場とも早い時期に「満席」となり、これほど「氣」に関する興味関心が高いことに驚きました。 

 前回までの「氣」に関するセミナーは、本来の「氣力」をテーマにしてきました。カラダを動かす力は「内力(筋力)」「外力(重力・地面反力)」だけでなく「氣力」があることを前提としてきました。

 私が指導する「錬氣法」は、本来「氣」はすべての人が潜在的に持っているものであり、それを表出させないようにしている「抵抗」を取り払うことによって「氣」を感じることを基本としています。その「氣」を感じる方法の一つが「自発動」です。

 「自発動」とは「氣」が表出(感じる)したときに、無意識にカラダが動くことを言います。私のセミナーでは、はじめてであっても受講者の7割以上の方に「自発動」が発現します。「自発動」が発現すると自分の「氣力」を感じることができるので動作に関する考え方や人生観まで変わります。

 さて、私が提唱する「錬氣法」は40歳過ぎに偶然出会った先生(医師)に教えていただいた気功法がベースになっています。先生との出会いが私の人生を変えることになりました。そのエネルギーとは、東洋では「氣」と言ったり、西洋では「波動」「無のエネルギー」「宇宙エネルギー」などと呼ばれているものです。先生は「氣」と表現されていました。 

 私の「錬氣法」は5つのメソッドから成り立っています。

(1)心身をリラックスさせる(放鬆功

(2)体幹を緩める(胴体力

(3)股関節を活性化する(外旋)

(4)肩甲骨を活性化する(スワイショウ)

(5)気を感じる(站椿功)

 これらのメソッドを実践することによって「氣」を感じることができるようになります。

 「氣力」は特別な苦しい訓練を経た一部の人しか感じることができないと思っていませんか?。

 決してそんなことはないのです。「氣」はすべての人のカラダに作用しています。しかし、日ごろは「内力」や「意識」が邪魔をして、その力を感じられなくなっています。

 その「内力」や「意識」からカラダを開放してあげると自然と「氣」を感じるようになります。人によっては無意識にカラダが「氣」に反応していると思われる「自発動」が発現します。

 さて、今回の「氣のセミナー」では、これまで取り上げていなかった「氣」と「感情」の関係をとり上げます。「氣力」を感じたり「氣力」で動作の質を変えるためには、同時に「感情」を整える必要があります。一般に「氣力」というと「なにくそ・・」と物事に立ち向かう精神力のように理解されますが、本来の「氣力」とはそのようなものではありません。自分を可能な限りなくした(ゼロにした)ときに現れるエネルギーです。そのための「感情」の操作法を学べます。

 「氣」のセミナーは年2回のペースで開催しようと思います。 

 
内 容  
座学「氣と感情」(60分)  
実技「錬氣法」 (90分)
講 師  木寺英史

受講料 
(氣のセミナーがはじめての方) 
一般 24000円  会員 21000円  INS会員 18000円
(氣のセミナー、2回目以降の方)
一般 18000円  会員 15000円  INS会員 12000円 

(開催日程)

7月6日(土)(大阪・本部開催)
18:00~20:30 専科セミナー「氣力と感情」 講師 木寺英史(研究所代表)

7月14日(日)(名古屋・本部開催)
15:00~17:30 専科セミナー 「氣と感情」 講師 木寺英史(研究所代表)

7月21日(日)(福岡・本部開催)
19:00~21:30 専科セミナー「氣力と感情」 講師 木寺英史(研究所代表)

7月27日(土)(東京・本部開催)
18:00~20:30 専科セミナー「氣力と感情」 講師 木寺英史(研究所代表)

一本歯(後歯)下駄