2019年10月20日

帽子の効用

帽子1.jpg帽子2.jpg

 スポーツなどでは帽子を着用する競技も多い。マラソンや登山などでは多くの方々が帽子をかぶっています。日よけや熱中症対策として帽子を着用する方も多いといわれます。

 しかし、動作の観点からみるとまた違った効用があるように思います。先日、「頭上運搬で立位姿勢を整える」の記事を掲載しました。この記事へは多くの新たな情報が寄せられました。それらを総合すると「頭部」に何かを乗せることによって骨格が整うと考えられます。頭部が適正位置へ保持される効用がありようです。

 先日、大阪で開催しました「ひもトレ」でも頭部にヒモを乗せる(巻く)ことによってカラダ全身を有効に操作できることが紹介されました。鉢巻や剣道で使用する手ぬぐいなども同様の効果があるのかもしれません。

 そして、帽子や鉢巻などの効果は、実際にそれらを着用していなくても身につけているとイメージするだけでほぼ同じ効果が期待できるようです。

 帽子や鉢巻を動作改善の用具として使えそうです。


一本歯(後歯)下駄