2016年12月08日

基礎セミナー

なみあしセミナーにはじめて参加される方、また、基礎をもう一度学びたい、確認したいという方は、基礎セミナーをご受講ください。基礎セミナーは、これまでの初級セミナーの内容をさらに厳選して構成いたしました。

なみあしのトレーニングは大きく「身体操作法」・「ストレッチ」・「歩行動作(歩き方)」の3つに分けられます。それぞれの項目から、最初に理解し取りくんでいただきたい内容を厳選しました。

基礎セミナーで学べること。    

  • 中心軸と二軸 ・・・・ 中心軸や二軸は実際にある軸ではありません。仮想軸です。カラダのあるところに軸があると仮想することによって合理的な身体操作が生まれます。
  • ナンバと同側動作 ・・・・ なみあしはナンバですね、とよく尋ねられます。一般的な「右足が出るときに右手が出る」というナンバの原理は合理的身体操作には結びつきません。ぜひ、ナンバに代わる同側動作を学んでください。
  • 骨盤の角度 ・・・・ 日本人は骨盤が後傾しやすいといわれています。では、どのように骨盤を保てばいいのでしょうか。簡単にできる方法を伝授いたします。
  • 股関節と上腕の外旋 ・・・・ なみあしの基本は、股関節と上腕の外旋です。それらの外旋状態は、日々のトレーニング(ストレッチ)によって生み出されます。座学で知識を学んだあとは、なみあしの外旋ストレッチに挑戦してみてください。
  • 肩甲骨の適正位置 ・・・・ 近年では肩甲骨がよく動くことがいいとされてきました。しかし、肩甲骨が動きすぎると腕をうまく操作できません。肩甲骨を適正位置におさめる方法とは?。
  • 膝の抜き ・・・・ 合理的身体操作に欠かせない膝の抜き。最初はなかなか上手くいかないものです。膝の抜きで様々なことができるようになります。その基礎的なトレーニング方法をお教えします。

 なみあしの身体操作は、前近代日本の伝承的身体運動の研究と実践から生み出されました。現代的動作法を学んできた方々は全く異なる動きに感られます。

 しかし、この身体操作法は難しくありません。そして、多くの実践者が即効性があると断言しています。

 例えば、市民ランナーの方々からはフルマラソンの記録が30分〜40分短縮されたというご報告を受けることは珍しくありません。

 なみあしの基礎を身につけるには2〜3か月もあれば十分です。なぜなら、なみあし(常歩)は、私たちが持つ自然な動作法であるからです。なみあしの基礎を身につけて飛躍しましょう。


基礎セミナー構成内容

第1部 講義「錯覚のスポーツ身体学」(50分)
第2部 実技「身体操作の基礎を学ぼう」 (90分)

講  師 

木寺英史(研究所代表)
認定インストラクター 

基礎セミナーは本部が開催する「本部開催」、認定インストラクターが開催し本部がお手伝いする「共同開催」・認定インストラクターが開催する「独自開催」があります。      

参加費     

初回
一般 9000円    会員 
7000円

2回目以降 
一般 8000円  会員 6000円

実技のみ(2回目以降の方に限ります)   
一般 6000円  会員 4000円

IS会員 3000円
(IS会員⇒インストラクター、マスターインストラクター会員)

基礎セミナー(座学・実技)を過去に受講された方は2回目以降となります(初級セミナー・特別セミナー・専科セミナーは回数には含まれません)。基礎セミナーは合理的身体操作の基礎となります。定期的に受講されることをおすすめいたします。

2級講座(A.B)の受講は基礎セミナーを受講済みであることが条件になります。


基礎セミナー開催予定

お申し込みは各セミナーをクリックしてください。(お申し込みフォームへ移動します)


 

セミナー・講座日程

     

一本歯(後歯)下駄