2010年01月18日

カメルーンからの留学生

留学生1.jpg

 カメルーンからの留学生、見事な立ち方のことは以前書きました。

 今日は彼が在籍するクラスのサッカーの授業。今年のサッカーワールドカップではカメルーンは日本と対戦します。

 彼のサッカーに対する思い入れは強いらしく、今日も代表チームのユニフォームを着ていました。彼は母国の学校でもスポーツ青年だったらしくバスケットボールとサッカーが得意。はじめてのソフトボールもすぐにキャッチボールができるようになりました。

 サッカーのプレーは、キックしても体幹がすぐに進行方向に倒れていきます。

 授業の後半、彼に

「カメルーンではキックはどのように習った〜〜??」と聞いたところ、

「そんなのならったことないよ〜」

「だって、授業で習うやろ〜〜」

「授業でキックならったことない、小さいときから自然とみんなキックしている」

私がからだを動かしながら・・

「例えば、たち足をボールの横におくとか??」

彼は首を横に振って

「そんなのはじめて聞いた・・・・」

 カメルーンでは学校のチームの他に各クラスにサッカーのチームがあり、

「前のクラスのチームは、この学校(高専)のサッカー部より強いよ〜〜」

だそうです。

「ワールドカップ、どっちが(日本とカメルーン)勝つ?」

と聞いたところ、

「3−1でカメルーン」と即答されました。(笑)

 

ライン登録お願いします。




友だち追加