2012年10月24日

正しい打突(動作)などない・・・・。

P1070194.JPG

P1070196.JPG

 ある年の剣道全日本選手権大会の一コマです。カメラは固定されています。右の選手が出頭面を決めた前後です。上が打突直前、下が打突直後。右足の位置を確認してみてください。実は、打突時の右足の踏込み位置は、打突直前の位置とほぼ同じです(わずかに後方)。つまり、前方ヘは踏み込んでいないのです。

 どのようにして打突しているかというと、上体を前傾させると同時に腕を伸ばして出頭面を打っています。右足は前方に踏み込むのではなく、ほぼその場で踏んでいるだけです。重心の位置をほとんど水平移動させることなく打突しています。

 重要なのは左足。後方に残しています。残ってるのではなく残しています。上体を前傾させるために、左足はあえて後方に残し、打突後急激に上体を立てる(もとに戻す)と同時に左足を前方に引きつけます。

 多くの優秀な選手が用いている技術です。左足を前進させながら打つ・・という剣道の常識は、この打突法では当てはまりません。やはり、正しい打突方法(動作)などないのでしょう。

ライン登録お願いします。




友だち追加