2007年01月01日

第5節 荷重と抜重

 この節では、荷重抜重についての基礎を学びます。


 



荷重とは、一般に、物(構造物)が外から受ける力のことをいいますが、ここでは動詞的に解釈してください。何かに重み(体重)をかけることと理解してください。スキーやスノーボードなどで、前に荷重するとか後ろに荷重するなどという場合と同じです。 

 

 
一方、抜重荷重の逆です。重みを抜くことです。 

 


ここでの荷重抜重は、体重を地面(床)にかけたり抜いたりすることを言います。 

 


それでは問題です。立位(立った姿勢)から素早くしゃがんで立ち上がってください。

 

実際に動きをしてみてください。そのときに地面(床)反力はどのように変化するでしょうか。わかりにくいときには、体重計に乗っているとイメージしてください。立位姿勢からしゃがんで立つときに体重計の針はどのように振れるでしょうか。さて、上の@〜Eのどれが正解でしょうか。

 

 1-5-2.jpg

 

分かりにくかったら、実際に体重計に乗ってやってみてください。(デジタルの体重計は上手くいかないかもしれませんね。)

正解は・・・・・・・・・Aです。正解しましたか。不正解でもかまいません。身体運動を専門とする方でもよく間違えます。 

 

 
立位姿勢からしゃがむときには、動作開始後すぐに体重計の針は低い値を示します。体は軽くなります。
その後、針は逆には振れて体重を追い越します。しゃがんでまた立ち上がろうとする切りかえしのときに最も大きな値を示します。そして、立ち上がるにつれて、針は軽い値をしめします。立ち上がりおわる直前は、ふたたび体重より軽い値を示します。 

  

スポーツや武道(武術)などで動くときに、私たちは荷重抜重を繰り返しています。荷重すれば、それと同じ力で地面(床)はからだを押しかえしてくれます。逆に、抜重すれば地面からの反力を減少させることができます。 

 

さて、合理的な身体動作をするにはどちらを利用したらいいでしょうか。

荷重ですか、それとも抜重でしょうか。荷重と答える方が多いかもしれません。現在、スポーツでは盛んに地面(床)反を利用することが言われるようになりました。つまり、瞬間的に(速く)荷重することによりその地面(床)反力を利用して動こうとするのです。ご自分の専門競技の技術を思い出してください。瞬間的な荷重による地面(床)反力の利用はあらゆる場面で使われていると思います。 

例えば、テニスなどのスプリットジャンプ(スプリットステップ)などは、この反力(他に伸張反射も使われると思います)を利用している代表的なものです。スプリットジャンプ(スプリットステップ)とは、相手がサーブのときなどに、小さくジャンプするステップのことです。小さくジャンプすることで地面に瞬間的に荷重し大きな反力をもらっています。 

それでは抜重はどうでしょう。実は、抜重することも身体運動には大きな意味があるのです。このことに多くの方は知りません。結論からいうと、抜重することによって四肢(からだの末端)がすばやく動くのです。(詳細な理由はここでは省きます)

スポーツでよくつかわれている抜重は、膝を伸展させて重心を持ち上げたところです。この節の問題の正解Aで確認してください。例えば、バドミントンが上達してくると必ず重心をもちあげ、ほぼ両足が床から離れるか離れないかのタイミングで打つようになります。

また、テニスのサーブとかバスケットのフリーシュートなども、このタイミングの抜重を使います。この抜重を「立ち上がり抜重」ということにしましょう。

さて、「立ち上がり抜重」をつかう選手は多いのですが、抜重にはもうひとつのタイミングがあります。そうです。重心を落とすときの抜重です。この抜重「沈み込み抜重」といいます。 

 

簡単な実験をしてみましょう。立位姿勢のまま両腕をできるだけ速く前方に地面と水平になるようにあげてください。(前にならいの位置まで)

次に、膝をすばやく曲げながら同じ動作をしてみてください。

いかがでしょうか。どちらが速いですか。また、抵抗感や力感(筋肉を使っている感じ)はどうでしょう。膝をすばやく曲げた方が速く、また抵抗感や力感がないと思います。この抜重「沈み込み抜重」です。様々なスポーツの動きを観察しますと、トップ選手は例外なくこの2つの抜重を使っています。 

 

 
しかし、多くの選手は「立ち上がり抜重」しかつかえません。なかなか「沈み込み抜重」がつかえないのです。 

 


荷重
での地面(床)反力抜重での四肢の動きを上手につかうことが、合理的な身体操作の条件なのです。 

 


常歩・二軸動作
を習得することによって、荷重と二つの抜重がつかえるようになります。  

  

 

 

 

 

 

一本歯(後歯)下駄