2017年04月18日

左荷重から「右⇒左」応用

 左荷重から「右⇒左」と歩み足で打突する稽古法をご紹介しました。

 一見、現代剣道には相いれないと思われる足さばきですが、様々な技に応用できるのです。上の動画は「面返し胴」と「面すりあげ面」です。

 「面返し胴」は、足元を見ただくと「右⇒左」の歩み足になっています。「面抜き胴」や「面返し胴」は、「右⇒左」を応用することで容易に打突できるようになります。

 また、「面すりあげ面」もまだ学生なので踏みこみ足(理想的にはすり足がよい)になっていますが、相手の竹刀をすりあげる局面で左荷重になり右足が動くことがコツなのです。右荷重の現代剣道では、相手の竹刀をすりあげる局面で右足が動くのではなく、右を踏むので、すりあげ技を打つことができません。

 「右⇒左」の歩み足の打突を稽古することで、様々な足さばきの技が打てるようになります。

一本歯(後歯)下駄
五動 新体操操作術
五動慎体操作術.jpg