2019年11月12日

南八ヶ岳縦走(硫黄岳ー横岳ー赤岳)

2019110809八ヶ岳.jpg

 11月8日〜9日、なみあし登山隊は八ヶ岳縦走(硫黄岳ー横岳ー赤岳)に挑戦いたしました。当初は、火打山・妙高山を歩く予定でしたが、天候悪化が予想されたため、急遽、八ヶ岳に変更しました。快晴に恵まれ絶好の山行日和となりました。

S__193134612_0.jpgS__193134613.jpg76767421_2582443731862476_5321221702422626304_n.jpg2019年11月89日 八ヶ岳縦走_191112_0020.jpg

75587555_2582444348529081_4561364412060925952_n.jpg

 1日目は、美濃戸口を出発、美濃戸登山口から北沢ルートで赤岳鉱泉へ。テントで一泊。2日目は、5時半に出発、硫黄岳(2760M)横岳(2830M)赤岳(2899M)を縦走して戻りました。 

 今回はマスターインストラクターの佐々木正明氏も同行。若いころから山を歩いてきたそうで、69歳とは思えない健脚ぶりに私たちは驚愕。(笑)

 さて、山をはじめて2年ですが、歩きは技術であるとつくづく感じさせられます。今回も登山家の服部徹氏に同行していただきました。上りも下りも基本は一つではないか、との話になりました、基本とは、常に重心の真下に着地していくこと。一般に登山は足幅を狭くすることで楽に歩けるといわれますが、それも重心の真下に接地することができていないと効果が半減すると考えられます。

 また、服部氏、佐々木氏、私(木寺)の膝やつま先の向きが三者三様でした。これは、股関節の状態と関係があると考えられます。つまり、股関節の状態によって理想的なつま先と膝の向きは異なるのです。山のような抵抗が大きい状態で歩くとそのことが顕著になります。総歩行距離20.2キロ、標高差1409M。

 次回の山行はまだ雪が残る3月ごろ、北アルプスに挑戦しようと考えています。

2019年03月18日

八ヶ岳へ

八ヶ岳計画.jpg

 念願であった冬山。八ヶ岳に挑戦してきました。

 1日目は美濃戸口を午前5時半に出発、美濃戸山荘から北ルートを歩いて赤岳鉱泉までの予定でしたが、快晴の絶好の登山日和だったため、予定を変更して南ルートを歩いて行者小屋を目指しました。

八ヶ岳01.jpg八ヶ岳02.jpg

 11時過ぎに行者小屋到着。しばらく休憩して赤岳へ。実は私は赤岳へは向かいませんでした。登山口から行者小屋まででも標高差900メートル、今日はここまで・・笑。

八ヶ岳03.jpg八ヶ岳04.jpg

 他のパーティーの帰りを待って赤岳鉱泉へ。1日目はここで一泊。2日目は赤岳鉱泉からピストンで硫黄岳へ挑戦。美濃戸口へは15時過ぎに下山しました。 

 はじめての冬山登山でしたが歩きに関して新しい発見や気づきが多くありました。12本のアイゼンを装着しましたが、アイゼンでの歩きは、その特徴を大きく拡大するように思います。私の場合、アウトエッジ感覚の歩きなのですが、その傾向が強すぎるとアイゼンのアウトエッジ側の歯は噛むのですが、内側の歯の噛みが弱いので不安定になります。

 歩隔を広くとればいいのですが、冬山では歩隔を確保できない道が多々あるので戸惑いました。

 夏山よりも冬山の方が多様な歩きを要求されるように思います。あと10年は無理せず山歩きを楽しみたいと思います。

 12本歯アイゼンによる私の歩きです。特に右足がアウトに倒れます。


2019年02月15日

牧ノ戸ー星生山ー久住山

20190215牧ノ戸ー星生山ー久住山.jpg

 2月15日に九重連山を歩いてきました。

 今回は牧ノ戸登山口から「星生山」の山頂を経由して「久住山」を目指しました。扇ヶ鼻分岐から「星生山」の山頂を経由して久住山避難小屋までのルートを一度歩いてみたいと思っていました。先日、久住山頂で知り合た米国出身の青年が「安全なルートですよ。ただ、途中の岩場でルートが良くわかりませんが・・」(実際はカタコトです・・笑)と語っていました。今回は単独山行でしたがそのルートに挑戦しました。

20190215九重1.JPG20190215九重2.JPG20190215九重3.JPG20190215九重4.JPG

 実際に歩いてみると、扇ヶ鼻分岐からはかなり急登でした。そして星生山頂からの岩場はルートが不明な箇所があるのですが、今回は残雪があり足跡をたどりに慎重にすすみました。 

 今年はストックを操作して歩いています。ストックを持たないで歩いていたころに比べると格段に疲労感なく歩けるようになりました。特に、私くらいの年齢になると膝を痛めることは避けたいところですが、ストックを適切に使うことは膝の保護になると思われます。

 ほとんどのストックで歩いている登山者は、下りでご自身が立っている場所よりも、下(低い位置)にストックを接地させています。無意識のうちに、振り出した足が接地する際の負荷を軽減しようとされています。私も以前はそのように操作していましたが、負担が軽減するどころか、逆に疲労感が増したのでストックを使用すること自体をやめてしまいました。

 しかし、最近は下りではストックを自分の立っている高さに置いています。そうすると、着地している足と振り出して接地する足(身体動作として説明すると「支持脚」と「遊脚」)の負担を同時に軽減することができます。この方法で格段と疲労感が軽減しました。下山後も脚への負担をほとんど感じません。

 さらにストックワークは、足への負担を軽減させるだけでなく歩くときの重心位置を操作することができます。上りは、振り出す足よろも前方にストックを接地させることによって重心のほぼ真下に遊脚を接地させることができます。逆に、下りでは支持脚と同じ高さにストックを接地させることによって重心位置が必要以上に遊脚方向(前方)に移動しないために接地足の負担を軽減させることができるようです。

 さらに実践と研究を重ねたいと思います。

2019年01月26日

九重連山(中岳・久住山)へ

20190123久住.jpg

 久住連山へ、今回は牧ノ戸登山口から九州本土最高峰の中岳を目指しました。実は、アイゼンを装着して雪山のトレーニングを兼ねるつもりでしたが、この時期でも山頂まで積雪はありませんでした。登山口の売店の方も「こんな年は珍しい・・」とのこと。

20190123久住1.JPG20190123久住2.JPG20190123久住3.JPG20190123久住4.JPG

 牧ノ戸からの登山は「ハイキング」という方も多いのですが、私にとっては十分「登山」です。

 中岳に登頂後、時間に余裕がりましたので久住山にも登頂いたしました。今年からトレッキングポールを用いて歩いておりますが上りは非常に楽になりました。しかし、下りでのポールの使い方がよく分かりません。たぶん、下りでは重心の前にポールを接地させるのではなく、重心の真横、もしくは後方にポールを接地させることによって負担が軽減するのではないかと思われます。

 山を歩き始めて1年半、山に魅せられているのではなく山での歩き方に魅せられています。

2019年01月05日

今年の初登りは「金剛山」へ

20190105金剛山.jpg

20190105金剛.jpg

 今年の初登山は大阪の「金剛山」へ。午前9時過ぎ金剛登山口を出発、千早本堂を山頂広場に向かって歩きました。山頂広場まではなだらかな階段が続きます。その後、ダイヤモンドロード(尾根)を伏見峠まで歩きました。伏見峠からロープウェイ前まで下ります。その後、富田林五条線(一般道)を登山口まで歩きました。標高差664m・山頂標高1125m・歩行距離約9q。

20190105金剛2.jpg20190105金剛4.jpgノルディックウォーク.jpg

 登山2年目の昨年はストックを使用しないで山を歩いていたのですが、今回はダブルストック(両手にストックを持つ)を試してみました。ダブルストックというとノルディックウォーキングをイメージします。ノルディックウォーキングは交差型のストックワークです。つまり、着地足の逆側にストックを接地させます。それによって全身の筋群を使う効果があるといわれています。一説には、通常の歩行に比べて2割ほどエネルギー消費が多くなるとも言われています。

 しかし、登山の場合は逆にエネルギー消費を抑える必要があります。ノルディックウォーキングのように交差型のストックワークではうまく行かないと考えられます。様々なストックの使い方を模索しながら登りました。山頂付近では積雪がありましたので、先日購入した「12本歯のアイゼン」を装着して歩きました。有意義な一日でした。

2018年12月30日

2018年の山歩

2018山3.jpg2018山1.jpg2018山2.jpg2018山4.jpg2018山5.jpg

 昨年9月よりはじめた登山。山を歩くことは、身体動作を研究・実践するには最適な方法であると思います。2018年は福岡の地元の「宝満山」をはじめ九州の「久住山系」「由布岳」、そして北アルプスは「焼岳」・「爺が岳」に登らせていただきました。また、富士山「御殿場ルート」にも挑戦しました。

 山を歩くことに興味を持ったのは、山そのものに魅力を感じたこともありますが、登山家の服部徹氏との出会いが大きいと思います。一流の登山家の歩きを目の当たりにすることで歩行動作に関して、これまで非常に狭い見方をしていたと感じました。

 また、8月には服部氏、田中真美子氏、木寺由佳氏、私の4人で「山歩会」を立ち上げました。そしてメルマガ「なみあし山歩」を発刊しました。

 来年は、さらに活動を充実させていこうと思います。将来は、有志により山歩きができればと考えております。しかし、その場合は十分に安全面などに配慮する必要があります。徐々に準備を進めたいと考えております。

2018年12月04日

雪山登山装備

冬山装備1.jpg

 昨年から始めた登山。まだまだ初心者なのですが、この冬は雪山に挑戦することにしました。

 登山はさまざまな歩きを経験できます。動作研究には最適です。先日、雪山登山の装備を揃えました。

 私が子供のころ父親がよく言っていたこと、

「お前は登山はしないか、雪山だけはやめとけ・・」

 たぶん、父の周りで遭難した友人がいたのだと思います。

 まさか、私がこの歳で雪山に挑戦することになるとは思っていませんでした。

 装備を整えて挑戦したいと思います。まずは「八ヶ岳」に行きます。

2018年11月26日

西穂高口駅山頂展望台へ

新穂高1.jpgIMG_2281.JPGIMG_2283.JPG

IMG_2284.JPGIMG_2285.JPGIMG_2282.JPG

 先日は、白川郷・高山方面へ長距離ドライブ。やはり、北アルプスの山々を望みたくなり新穂高ロープウェイで西穂高口駅山頂展望台へ。ロープウェイは2つあり、第1ロープウェイが「新穂高温泉駅」から「鍋平高原駅」までの区間、「鍋平高原駅」から歩いてすぐのところにある「しらかば平駅」から「西穂高口駅」までを第2ロープウェイがつないでいます。第2ロープウェイは日本唯一の2階建てです。

 西穂高口駅の標高は2,156 m、北アルプスの山並がほぼ360度の視界で見渡せます。快晴だったこともあり北アルプスの眺望を堪能できました。5月に登った焼岳(上段中)、笠ヶ岳(上段右)、槍ヶ岳(下段中)などの山々をみることができました。

 山歩きを上達させて、これらの山々に挑戦できることを祈念しながら帰りました。


2018年11月05日

宝満山

20181105宝満山.jpg20181105宝満1.jpg20181105宝満2.jpg

 先日は久しぶりに「宝満山」(829M)へ。宝満山登山口は自宅から車で15分ほど。地元では小学生が遠足でも登る山なのですが、昨年登山をはじめた頃は疲労困憊しておりました。

 午前7時半に登山口を出発、10時登頂、11時半に下山。ほぼコースタイムでピストンしました。

 山を歩くと、歩きに関して新しい発見があります。私自身は剣道が専門ですので歩行では軸足の膝をパッと瞬間に抜くことが習慣になっています。そうすると、上りでも下りでも着地足だけで操作することになります。今回は、膝をゆっくり抜くようにしてみました。疲労感が全く違いました。

 日常の歩行はそれぞれの専門種目や分野の基礎となります。専門種目や分野に適した歩き方があると思われます。登山は歩行動作を勉強するには最適です。

2018年10月09日

北アルプス爺ヶ岳に挑戦

爺ヶ岳コース.jpg

爺ヶ岳2.jpg爺ヶ岳3.jpg爺ヶ岳4.jpg爺ヶ岳1.jpg

 爺ヶ岳(北アルプス)に挑戦。8月の富士登山(御殿場コース)以来、山に行く機会はありませんでしたが今回は北アルプスの爺ヶ岳に挑戦しました。立山アルペンルートで有名な扇沢駅近くの柏原新道登山口から種池山荘を経て爺ヶ岳中峰を目指しました。登山口が標高1350M、山荘が1460M、中峰は2669M、標高差約1300Mを登りました。

 時間も体力も消耗し中峰は断念、手前の南峰に登頂しました。台風通過後で天候にも恵まれ、北アルプスの絶景を堪能しました。

 今回も登山家の服部徹氏にご同行していただきました。歩きの話をしながら登りました。今回も服部氏と私の歩きの動画をとりました。前を歩く服部氏の歩きで特徴的なのは。接地がとても丁寧です。私も真似をしてるのですが、まだガツンと接地しています。

 服部氏からは「まだ足幅が広い」とご指摘を受けました。歩幅を狭くすることによって、できるだけ重心の真下に接地することができます。そして、スピードを上げるときは歩幅を変えることなくステップのテンポを速めるのだそうです。

 登山は歩きを研究するには最適です。次回は3月ごろ服部氏にご同行いただき冬山に挑戦する予定です。なみあし身体研究所では「なみあし登山の会」結成しました。現在、私を含めて会員6名。会員随時募集中です。

一本歯(後歯)下駄