2016年11月15日

トップアスリートに伝授した 怪我をしない体と心の使いかた

mb75301m.jpg 久しぶりに「なみあし」関連の著書が発刊されました。『怪我をしない体と心の使い方』(小田伸午、小山田良治、本屋敷俊介、創元社。

 近年、研究所で考察してきました肩甲骨の内容も書かれています。腕が動くときに、肩甲骨が動けば動くほどいいと理解されている方が多いと思います。しかし、昔から日本の武術等では肩甲骨を適正位置に収めることによって合理的な肩の動きが発現する・・という教えがありました。

 小田伸午先生(関西大学)、小山田良治氏(五体治療院代表)、前オリックスコンディショニングコーチで現在は阪神タイガース一軍トレーナーの本屋敷さんの共著です。机上の理論ではなく、選手らに接して得られた知見がちりばめられています。

 また、五体治療院で小山田氏直伝のトレーニング術を学ぶ競輪の山内卓也選手・浅井康太選手の座談会の内容も収録されています。こちらも必読です。

 

2015年04月28日

『常歩剣道 伝統的打突法』

常歩剣道.png カギは「左荷重」

 『本当のナンバ 常歩(なみあし)』から10年、常歩剣道の基礎となる「伝統的打突法」の習得方法を徹底図解しました。もちろん、常歩剣道の習得法も紹介しています。

 「常歩(なみあし)」とは、西洋式の体育が導入される以前の日本人が行っていた動きに基づく身体操作。剣道の伝統的な打ち方もその原理に基づいていたと考えられます

 2004年に「常歩(なみあし)」による剣道を世に問うて以降、多くの方々に取り組んで頂いたのですが、「現代的打突法」から「伝統的打突法」へ、さらに「常歩剣道」へ移行するためのカギは「左荷重」にあることを説きました。

しかし、「常歩剣道」は「左荷重」だけでなく「右荷重」や「左右荷重(二軸)」など、あらゆる荷重から打突することができます。

その習得法を豊富な写真とともに解説しました。もっと美しい剣道、もっと剣道らしい剣道を求める剣士、あるいはもっと心地いい剣道を求める剣士は必見です。(スキージャーナル社、980円)

2015年03月19日

『健康で長生きしたけりゃ、膝は伸ばさず歩きなさい。』

walking_cover2_rgb.jpg

『健康で長生きしたけりゃ、膝は伸ばさず歩きなさい』(東邦出版社、3月23日発売、1512円)

 長い間、膝を伸ばして歩くことが正しいとされてきました。間違いではありませんが、中高年からの「からだにやさしい歩き方」は、逆に膝を適度に曲げる ことが大切なのです。

 膝を伸ばすか曲げるかによって、脚にかかる回旋、そして、腰の回転方向が全く変わってしまいます。

 今回は膝を曲げる(送り込む)ことを前面に出しました。 しかし、難しくならないように、誰でも取り組める7つのステップを用意しました。

 この歩き方は、スポーツ選手や武道家の皆様にも習得していただきたいものです。

 今回も、多くの方々のご協力により発刊にこぎつけることができました。多くの方から支えていただいたことに感謝いたします。

 モデルは、この歩きを取り入れて成果を挙げておられる、ボウリングの櫻井眞利子プロ本間成美プロにお願いしました。今後のさらなるご活躍を願うとともに、ぜひ、おふたりを応援していただければと思います。

 表紙画像クリックしていただくとamazonでご購入いただけます。

2013年11月03日

日本刀を超えて〜「身体」と「竹刀」から考える剣道論

日本刀を超えて.jpg

  「竹刀は日本刀の代用である」とする「日本刀代用論」によらない剣道技術の必要性を説きました。日本刀が実体としても観念としても遠くなった今、「竹刀は日本刀の代用」と考えるのではなく、日本人の伝統的な「動作原理」を基礎に、まったく新しい剣道技術論構築の必要性を述べました。

  「刀法」を学ぶことが目的であるならば「日本刀」を操作しなければなりません。断じて「竹刀」は「日本刀」であってはなりません。「竹刀」は「竹刀」としての合理性を追求する必要があるのです。「竹刀」の操作の合理性を追求しつつ「剣道らしさ」を維持することは可能でしょうか。それは可能です。(本文より)

  あなたの竹刀は刀ですか?
明治維新を境に、日本刀は実用的な意味を失い、時が経つにつれ観念として人々から遠くなった。そんな時代において、竹刀は日本刀の代用であるとする、「日本刀代用論」によって、剣道発展は可能なのか?剣術から剣道の歩みをたどり、「剣道の理念」を検証した上で、著者は「日本刀」ではないもの、しかしまぎれもなく、かつての日本人が持っていた伝統に答えを求めた。その、日本人の伝統的な「動作原理」を基盤に構築した、「単え身(ひとえみ)」による「剣道らしい剣道」とは何か?「常歩(なみあし)」とはどう違うのか?
  剣道発展のために、「常歩(なみあし)」の木寺英史が世に問う、竹刀=日本刀によらないまったく新しい剣道技術論。賛否両論起こること必至。あなたはどう受け止めますか?

(amazon紹介文より)

(木寺英史著、全191ページ、定価1365円 2013、12月) 

2013年07月12日

『間違いだらけのウォーキング−歩き方を変えれば痛みがとれる−』

間違いだらけ・・表紙.jpg 実用之日本社より、『間違いだらけのウォーキング−歩き方を変えれば痛みがとれる−』(木寺英史著)が2月27日刊されました。

 動作改善指導の経験や治療関係、シューズ開発者、さらには足の専門家の方々との交流により、現在、主流となっているパワーウォークは、伸展動作を生み出すことを説きました。そして、日本人の骨格や長年の生活習慣に合致した屈曲動作を基礎とした歩きを推奨しました。

 さらには、合理的な歩行のためには、「柔らかい足」ではなく「硬い足」をつくりだすことが大切であり、その「硬い足」は、股関節の外旋と足部の状態によってつくりだされることを明らかにしました。

 そして、そのためのストレッチやトレーニング方法、歩行習得法を紹介しました。スポーツ・武道関係者だけでなく、高齢者の方々にもご一読いただきたい内容としました。(A5版192ページ、定価1470円)

2017年03月17日

要は足首から下

IMG_0245.JPG

 出版社より本が届きました。スーパーフィートジャパンで多くのアスリートや選手へのフィッティングの実績がある水口慶高氏の「足についての本当の知識」( 実業之日本社)が新書として再発刊されます。細かい内容が改変されています。私も監修者としてお手伝いをさせていただきました。

 足について研究されている方は多いですが、水口氏は足首から下、いわゆる足から動作を的確に観ることができる数少ない方だと思います。ヒトは足の環境が崩れても、その上に乗った体はそれを補償して何事もないかのように生活することができます。しかし、そのまま放置しておけば、体のあちこちに歪みをつくり、不調の原因になるのです。

 スーパーフィートジャパンで多くの人々の足を見てきた水口慶高氏が、日常生活の中で「立つ」「歩く」「走る」時の足の使い方、足と体の関係、昨今のランニングブームと足の問題など、具体的な事柄をとおして、本当の足の仕組みや働きを知ることの大切さ、代表的な足の悩みである「外反母趾」や「腰痛」「肩こり」などの原因をさぐり改善するための知識を、実際に試せるミニテストや動作に現れる事象を交えながら解説しています。(新書224ページ、2017年03月10日発売、定価 864円・税込)

2013年08月22日

マンガ チカラを発揮するコツ 〜トップアスリートたちの体の使い方〜

チカラを発揮するコツ.jpg

 これまでの常識を覆すからだの動かし方やその練習法をマンガで表現した、好評スポーツ科学マンガの第二弾。第二弾は球技競技種目の動作のコツをわかりやすく解説。
 県立高校のサッカー部員や野球部員、その他さまざまな球技競技部員とその顧問教師を中心に、マンガで展開されるストーリーから、能力を発揮するためのからだの動かし方とその習得方法を満載。
 力に対する誤解、股関節や上腕の外旋、水平感覚の重要性など、理論と感覚との違いを明確にしながら、感覚が変われば動作が変わり、自己能力の発揮につながることを明ら かにする。
 競技力の向上だけでなく、仲間との絆、信頼、感謝、努力の継続、向上心、ユーモアなど、人間が生きていく上で大切なこころの成長も登場人物の台詞に込める。
 本書の小田理論は、サッカーの日本代表・前田遼一選手をはじめ、日本を代表するスプリンター朝原選手、北京五輪優勝のソフトボール日本代表チーム、ケイリンの銅メダリスト永井清史選手にも影響を与える。9月13日発刊。(朝日出版社のHPより)

2013年04月26日

アスリートの科学〜身体に秘められた能力〜

アスリートの科学.jpg 常歩(なみあし)が世に知れるきっけとなった『運動科学〜アスリートのサイエンス』(小田伸午著・丸善出版)が、『アスリートの科学〜身体に秘められた能力〜』(小田伸午著・角川文芸出版)として文庫本に生まれ変わりました。

 当時、スポーツ科学の第一人者が、主観と客観、科学と感覚の関係に鋭く迫った著書として話題になり、多くのスポーツ関係者に多大な影響をあたえました。

 今回、10年の歳月を経て、新たな小田ワールドの視点を加えての出版となりました。常歩(なみあし)・二軸のすべてはこの一冊からはじまったと言っていいでしょう。常歩・二軸という用語は、私たちの研究活動の象徴ですが、その原点はさらに異なるところにあることを思い出させてくれます。

 是非、お読みください。(定価740円)

2013年01月05日

足についての本当の知識

asihontou.jpg  この度、スーパーフィートジャパンで多くのアスリートや選手へのフィッティングの実績がある水口慶高氏が「足についての本当の知識」( 実業之日本社)を発刊されます。私も監修者としてお手伝いをさせていただきました。

(実用之日本社HPより)

 足は「立つ」「歩く」という人間の基本動作の基点を作っている部位。この「足」の環境が姿勢や歩行で崩れてしまうと、体のあちこちに歪みをつくり、不調の原因になる。本書では、スーパーフィートジャパンで多くの人々の足を見てきた水口慶高氏、常歩身体研究所の木寺英史氏が、日常生活の中で「立つ」「歩く」「走る」時の足の使い方、足と体の関係、昨今のランニングブームと足の問題など、具体的な事柄をとおして、本当の足の仕組みや働きを知ることの大切さ、代表的な足の悩みである「外反母趾」や「腰痛」「肩こり」などの原因をさぐり改善するための知識を、実際に試せるミニテストや動作に現れる事象を交えながら解説する。日常生活を快適に送りたい人からマラソンなどのスポーツを楽しむ人まで、体の痛みや悩みを解決するヒントがつまった内容だ。(A5判192ページ、2013年01月31日発売、定価 1470円・税込)

2012年01月13日

ゴルファーなら知っておきたい「からだ」のこと

ゴルファーなら.png

浜田節夫/小山田良治/木寺英史/小田伸午著

大修館書店・1700円(本体) 

 お待たせいたしました。大修館書店の「知っておきたい」シリーズからゴルフの本が1月17日に発刊されます。「2010PGAティーチングプロ選手権シニアの部-FR」で優勝2011年の同大会でも準優勝、そして「全日本シニアオープン」などツアーにも参戦されている浜田節夫プロと小田伸午先生が中心となり執筆、小山田良治氏と私(木寺)もお手伝いさせていただきました。

 トッププロのスイングを客観と主観をふまえて、わかりやすくその理論と習得法を説いています。ゴルフ経験者だけでなくスポーツ関係者・二軸ファンに是非お読みいただきたい内容です。

一本歯(後歯)下駄