2018年12月30日

2018年の山歩

2018山3.jpg2018山1.jpg2018山2.jpg2018山4.jpg2018山5.jpg

 昨年9月よりはじめた登山。山を歩くことは、身体動作を研究・実践するには最適な方法であると思います。2018年は福岡の地元の「宝満山」をはじめ九州の「久住山系」「由布岳」、そして北アルプスは「焼岳」・「爺が岳」に登らせていただきました。また、富士山「御殿場ルート」にも挑戦しました。

 山を歩くことに興味を持ったのは、山そのものに魅力を感じたこともありますが、登山家の服部徹氏との出会いが大きいと思います。一流の登山家の歩きを目の当たりにすることで歩行動作に関して、これまで非常に狭い見方をしていたと感じました。

 また、8月には服部氏、田中真美子氏、木寺由佳氏、私の4人で「山歩会」を立ち上げました。そしてメルマガ「なみあし山歩」を発刊しました。

 来年は、さらに活動を充実させていこうと思います。将来は、有志により山歩きができればと考えております。しかし、その場合は十分に安全面などに配慮する必要があります。徐々に準備を進めたいと考えております。

一本歯(後歯)下駄